2019年04月23日

エスコグラフィックス㈱(本社・東京都江東区、南文輝社長)は4月1日から、マルチカッティングマシン「Kongsberg C Edge」の販売を開始した。

 

Kongsberg C Edge

Kongsberg C Edge

「Kongsberg C Edge」は「Kongsberg」シリーズの上級モデルにあたり、あらゆるサイン・段ボール製作が可能なマルチカッティングマシン。

24時間の連続稼働への対応力と毎分75㍍の高速生産性を両立しており、納期短縮が実現できるモデルとなる。

また、自動見当合わせカメラや自動高さ補正システムなども備え、幅広いメディアに対応。

さらに、50㌔㌘圧のパワーヘッドを採用しているため、ディスプレイ用の頑丈な強化段ボールの加工も可能としている。

 

 

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP