2019年04月19日

㈱帆風(本社・東京都新宿区、犬養新嗣社長)では今年2月、アジア地域で初となるハイデルベルグ社製の4Dプリンティングシステム「オムニファイア250」を導入した。

稼働中のオムニファイア250

稼働中のオムニファイア250

それを受けて4月19日、同社竹橋プリンティングセンターで記者会見を開き、その導入の狙いを明かすとともに、「オムニファイア250」を活用してフルカラーでボールに自由なデザインを1個から印刷するサービス「MyBO+(マイボプラス)」について説明。

さらに、「オムニファイア250」の稼働状況も披露した。

 

「オムニファイア250」は、3次元の立体物への印刷に対応するシステム。

最新のUVインクジェット技術と精密なロボット技術が融合された新しいデジタルプリンティングソリューション。

さまざまな形状、大きさ、素材の立体物に、プロセス4色とホワイトで、360dpiの解像度で360°のプリントができる。

 

 

須藤取締役

須藤取締役

会見の冒頭、あいさつに立った同社の須藤高幸取締役は「印刷というと紙媒体というイメージがあるが、プリントの範囲というのは実際にはとても広いものがある。その中で、これまでは大量生産で対応していたボールの印刷について、インクジェット技術を駆使して1点からでも作っていくことができる“オムニファイア”を導入した。また、BtoBだけでなく一般消費者にもプリントによってできることや物を身近に体感してもらえるよう、この機械の導入と合わせて青山、恵比寿、渋谷にコンセプトショップを展開した」と述べた。

同社では、印刷だけにこだわらず顧客の想いや要望を形にするサービス業と自社を位置付け、紙媒体はもとより、ディスプレイ、ノベルティ、ウェアプリント、可食印刷など、時代の流れに合わせた進化をして幅広いプリント製品を取り扱う。

「オムニファイア250」を駆使した「MyBO+」も、その流れによる取り組みの1つとなる。

 

自分だけのオリジナルデザインプリントを施せる「MyBO+」は、直径30㌢㍍までの物体の周径360°にプリントするサービス。

CMYKのフルカラーでインクジェットプリントができ、プリント前にプラズマ照射および白インクをすることでインクの定着が良くなり、とてもきれいな発色となる。

プリント時間は、サッカーボールの場合だと1個あたり約3分。

プリント前にセンサーで被印刷物の詳細な凹凸を読み取り、ヘッドに当てるようにプリントするので、縫い目の部分にもきれいにプリントができるので、文字だけでなく写真プリントにも対応するほか、縫い目をまたいだ大胆なデザインもできる。

 

現在、「MyBO+」で対応するボールは、サッカーボール、バレーボール、バスケットボール、ゴルフボール、野球ボール。

新品の対応ボールにプリントを施した形での提供となり、サインボールや大会の賞品、誕生日や結婚式、来場記念などでの贈答品、記録の数字を入れた限定グッズ・フェアンサービスグッズの製作といった用途で活用されている。

また、Web受注窓口では、デザイン制作をしたことがない一般消費者のためにデザインテンプレートを用意しており、デザイン選択とテキスト入力をするだけで発注できるシステムも用意している。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP