2019年03月25日

Druckセイコーエプソン㈱(本社・長野県諏訪市、碓井稔社長)のラージフォーマットプリンターSureColorシリーズが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award:Product Design2019」で、もっともすぐれたデザインに贈られる「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞した。

 

独・ノルトラン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催するこの賞は、1955年に創設されたもので、デザイン分野でもっとも権威ある賞のひとつとして国際的に認知されている。

過去2年以内に発表された商品を対象に、革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの基準から卓越したデザインが選出されている。

 

SC-T3450/SC-T5450

SC-T3450/SC-T5450

同賞を受賞したのは、「SC-T5450/SC-T3450/SC-T3450N/SC-T3400/SC-T3400N/SC-T5400」。

この製品は、オフィス、官公庁、建築事務所での図面出力、小売店舗でのPOP出力に対応した高速・高画質のラージフォーマットプリンター。

これまで特殊用途の印象が強かったラージフォーマットプリンターからデザインを刷新し、ビジネスプリンター同等のユーザーインターフェースとオフィスになじむシンプルクリーンな外観で、誰にでも直感的に操作でき、オフィス空間をクリーンな環境に保つ。

また、プリンターの状態が一目でわかるように、大型タッチパネル、警告LED、報知音で知らせ、操作ガイダンスでユーザーが操作に迷わないよう配慮されている。

あわせて、設置搬入時の組み立て時間削減にも取り組み、3アクションで組み立てられる脚の機構を新たに開発し、ユーザーの業務効率化に貢献している。

 

同社プリンティングソリューションズ事業部の川原学Pデザイン部長は、「今回の受賞はユーザーの期待を超えた商品価値を実現するために関係者が一丸となって取り組んだ成果であり、大変うれしく思う。今後もユーザーに感動してもらえるデザインを届けていきたい」と述べている。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP