2019年03月20日

㈱ミマキエンジニアリング(本社・長野県東御市、池田和明社長)は、韓国・Sindoh社との共同ブランド3Dプリンター「3DFF-222」を4月末から販売開始する。

 

3DFF-222

3DFF-222

「3DFF-222」は熱溶解積層方式で、最大造形サイズが210×200×195㍉のデスクトップ3Dプリンター。

形状サンプルや試作品の造形はもちろんのこと、同社製フラットベッドUVプリンターと組み合わせて使うことで、プリントビジネスに役立つさまざまな提案が可能となる。

これで造形したプリント治具を使うことで、1点物の治具を安価に作成できるので、印刷品質安定化と治具作成費用のコストダウンに貢献する。

また、造形物に対してUVプリンターで加飾することで、立体的なフルカラーサインを作成でき、アイキャッチ効果の高い屋内サインを作成できる。

さらに、造形物を真空成形の型として活用することで、試作品の製作スピードアップとコストダウンにもつながる。

 

「3DFF-222」の主な特徴は次のとおり。

▽「UJF-3042/6042MkⅡ」や「UJF-7151plus」で印刷を行う際、ワークを固定するためのプリント治具を使用するが、オーダーグッズなどの1点物はコストが高くなるため治具を作成せずに印刷することが多く、位置合わせや水平出しが難しいという課題があった。「3DFF-222」を使用すれば自社内で1点物のプリント治具を作成できるので、内製化による製作コストダウンと印刷品質の安定化が実現する。

▽「3DFF-222」で造形した立体的な屋内サインやチャネル文字に対して、同社製UVプリンターでダイレクトプリントすることで、アイキャッチ効果の高いフルカラーサインを作成できる。凹凸がある造形物に対してもUVプリンターのプリント機能「LDモード」を使えば、最大4㍉の高低差も、高い品質を維持したまま印刷可能となる。

▽真空成形品を作成する際に必要な成形型を造形できる。造形した成形型は、穴あけなどの特殊加工は不要。成形用フィルムへのプリントは「UJF-7151plus」「JFX200-2513」に搭載可能な柔軟インク「LUS-350」で行える。極小ロットの成形や試作品などに適している。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP