2019年02月18日

日本印刷産業連合会(日印産連、金子眞吾会長)は、地域おこしに貢献する全国各地の地方自治体・企業・大学・団体と連携する印刷産業のモデル事業の集約・共有化を図るとともに、広く社会へアピールすることで、印刷産業がリードする地方創生事業のさらなる拡大をめざし、3月18日午後2時から東京・品川区西五反田の大日本印刷㈱五反田ビル1Fホールで『じゃぱにうむ2019―印刷産業の地方創生事業事例発表会―』を開催する。事例発表するのは9社。事例発表会終了後、レセプションを開催予定。主催は日印産連価値創出委員会、同SDGs検討プロジェクト。内閣府が後援予定。事例発表会・レセプションともに参加費無料で定員130人。日印産連Webサイト「じゃぱにうむ2019」申込みフォームより申込受付中。

 

金子眞吾

金子眞吾会長

 

2015年6月に、国内の業界団体としては初めて国連グローバル・コンパクトへの参加表明を行った日印産連は、SDGs(持続可能な開発目標)を支持するとともに、2018年10月には、内閣府が推進する「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」にも参加し、これとの連携により、印刷産業における新たな地方創生事業の推進、活性化を図っている。
事例発表会当日は、滝澤光正価値創出委員会委員長のあいさつで始まり、内閣府地方創生推進事務局参事官の遠藤健太郎氏による基調講演ののち、事例発表会に移り、全国の印刷会社など9社による地方創生事業に関わる事例発表を各社20分程度で行う。最後に東京理科大学大学院教授の生越由美氏が講評を述べて終了する。そのあと、午後5時45分から同ビル8Fレストランでレセプションを開催する予定。

滝澤光正

滝澤光正委員長

【開催概要】
名称 『じゃぱにうむ2019―印刷産業の地方創生事業事例発表会―』
日時 3月18日午後2時~5時30分(参加費用無料/一般参加あり)
会場 大日本印刷㈱五反田ビル1Fホール(東京都品川区西五反田3の5の20)
問合先 「じゃぱにうむ2019」事務局 info@jfpi.or.jp

 
【事例発表概要】
1.㈱大川印刷 (神奈川県横浜市)
※「第2回SDGsアワードパートナーシップ賞」受賞企業、SDGs推進企業として招聘
テーマ=「SDGsを忘れないメモ」
2.ソーゴー印刷㈱(北海道帯広市)
テーマ=移住の本「りくらす」&仕事の本「わくらす」によるUIJターン事業
3.望月印刷㈱(東京都台東区)
テーマ=台東「モノマチ」墨田区「スミファ」台東区「マロニエ祭」
4.㈱新踏社(奈良県奈良市)
テーマ=一冊のノート開発から気づいた地元環境を守るためのアクション
5.「トヨプラ」㈱平山印刷(沖縄県豊見城市)
テーマ=新しいビジネス創出に向けたフレキシブルなワークスタイル事業空間を提供
6.㈱福豆屋(福島県郡山市)
※印刷会社ではないが、UCDA(ユニバーサコミュニケーションデザイン協会)認証を取得したお弁当パッケージによる適切な情報伝達を実践している事例として招聘
テーマ=フクシマケン食の復興支援 みんなのプロジェクト
7.共同印刷㈱(東京都文京区)
テーマ=「鳥取県西部ブランディングプロジェクト」
8.精英堂印刷㈱(山形県米沢市) 2018年シールラベルコンテストで日本印刷産業連合会会長賞
テーマ=宮城県の2年間貯蔵限定純米大吟醸酒「澤乃泉ふたとせ」のマーケティング戦略に向けた高精細ラベルデザイン演出力
9.㈱興栄社(東京都江東区)
テーマ=東京都神津島村における、桑の枝を使った和紙作りおよび葉を使った土産作り

 

 

 

PAGE TOP