2019年02月08日

一般社団法人日本WPA(=日本水なし印刷協会:田畠久義会長)は、個性的ですぐれた温暖化防止活動を表彰する「低炭素杯」に協賛し、同会の名称を冠した賞を創設した。

その「低炭素杯2019」が2月8日、神奈川・川崎のカルッツかわさきで開催され、▽市民部門、▽企業・自治体部門、▽学生部門(高校生以上)、▽ジュニア・キッズ部門(中学生以下)――の4部門で計1100を超える応募団体からファイナリストに選出された28団体がステージ上でプレゼンテーションを行い、各賞が贈賞された。

 

田畠会長(左)から賞状と水なし平版で作られた表彰盾が受賞者に贈られた

田畠会長(左)から賞状と水なし平版で作られた表彰盾が受賞者に贈られた

「低炭素杯」は今回で9回目を数えるイベントで、市民、企業、自治体、学、団体のほか、ジュニアやキッズまでの幅広い層を対象にして、低炭素社会作りや地球温暖化防止に取り組んだ内容を発表するコンテスト。

地域や団体の特性に応じて取り組む個性的な温暖化防止の活動を発表するこの場を通じ、各種の取組のノウハウや情報を互いに共有し、さらなる活動に向けて連携や意欲を創出することを目指している。

日本WPAではこの主旨に賛同して協賛団体の1つに名を連ねるとともに、「日本WPA 最優秀未来へのはばたき賞」という名称の賞を創設し、その名にふわしい、すぐれた低炭素に関する取り組みをした団体を顕彰した。

 

今回、同賞を贈られたのは「佐渡総合高校 GIAHSプロジェクト」。

新潟県佐渡市では野生復帰した朱鷺を守るため、島ぐるみで環境に配慮した農業に取り組んでいる。

これが世界農業遺産(GIAHS)に認定されており、「佐渡総合高校 GIAHSプロジェクト」ではこの農業と環境の関わりを伝える普及啓発を行っている。

GIAHSとはどのようなものなのかを伝える大人向けの発表から、子どもたちへの出前授業、さらには地域交流を通して、商品開発、農作物PR、農業ボランティアにも取り組んでいる。これらの取り組みを通し、佐渡の農業が持つ環境価値をさまざまな角度から発信している。

 

 

 

 

イベント 団体-関連の記事

PAGE TOP