2019年02月05日

コダックジャパン(C-10)はpage2019で、「Smart Innovation!」というテーマを掲げ、プリプレスワークフローのさらなる合理化と自動化を推進する最新ソリューションを紹介する。

 

ブースでは、国内全47都道府県の450社超で採用されているUV印刷対応の完全無処理CTPプレート「KODAK SONORA CX」とCTP「KODAK TRENDSETTERプレートセッター」の展示実演を行う。

その実演では、スマートフォンやタブレット端末を使って、いつでも、どこでも、だれでもCTPの出力と管理が可能な「KODAK Mobile CTP Control App」から行い、現像機不要・省スペース・ロケーションフリーCTPを提案。

さらに、運用面での利便性向上が図れる、インクジェットシステムで版情報などをプレート版面上に印字できる「SONORA Jet」も紹介する。

 

そのほか、ワークフローシステム「KODAK PRINERGY Platform」の最新バージョン8.3を実演。

中でもBCP対策や業務の可視化に有効なPRINERGY CloudソリューションのAI機能を駆使したオートギャンギングや、データストレージサービスの紹介、アナリティクスサービスのツールとして新たにリリースされた「Ink&Plate Usage」も紹介。

データやファイルごとにインキや資材のコストを試算する機能など、スマートファクトリー構築に有効な多彩なソリューションを提案する。

さらに、パッケージ印刷向けのデータ編集ツール「PRINERGY Tools」も紹介する。

 

 

同社の主な出展内容は次のとおり。

 

現像機不要のUV印刷対応完全無処理CTPプレート「KODAK SONORA」

UV印刷対応の完全無処理CTPプレートで、すぐれた視認性、耐刷性、耐キズ性、印刷適性、機上現像性能が高評価を受けている。視認性は従来比1.5倍向上し、油性枚葉印刷、省電力UV印刷では10万枚、オフ輪では50万枚を超える耐刷実績を有している。

同社独自の単層構造のプレートであるため、酸素遮断層や感光層が湿し水に溶け出して、湿し水を汚染することもない。従来の現像有りの刷版と同様に印刷できるプレートとして印刷機のオペレーターからも好評を博している。また、現像機がなくなったことにより、薬品の購入コスト、廃液の回収コスト、さらには人件費などを含めると年間300万円以上のコスト削減につながるという事例もある。さらに、運用面での利便性向上を図るためのツールとして、インクジェットシステムを活用して版情報などをプレート版面上に印字できるSONORA Jetについても紹介する。

 

省スペース・省電力ベストセラー プレートセッター「KODAK TRENDSETTER」

Trendsetterプレートセッター

KODAK TRENDSETTERプレートセッター

同社の多彩なプレートセッターラインアップの中でもっとも多く導入されている省スペース設計のベストセラーモデル。コンパクトなマニュアル機からマルチカセットモデル、A全対応モデルまでの多彩なラインアップを取り揃えニーズに応じて適したモデルが選択できる。また、品質と生産性を最大限に高めるとともに、環境への負荷の最小化も図られており、新開発の冷却システムにより従来モデルと比べて最大30%の省エネルギーを達成。イメージング時の消費電力もわずか770Wと飛躍的な省エネ化を実現している。SONORAプロセスフリープレートと組み合わせて使用することで、自動現像機と処理液などの薬品、それにともなう維持費や人件費が不要になり、環境負荷の軽減だけでなく大幅なコスト削減も実現する。自動現像機が不要なSONORAと省スペース化を実現したTRENDSETTERとの組み合わせは、「CTPは刷版室に設置するもの」という従来の概念を覆し、印刷機の近くや製作現場などにも設置可能となる。

 

ロケーションフリーCTP構想を推進するKODAK Mobile CTP Control App.

ブースでは、スマートフォンやタブレット端末を使って、いつでも、どこでも、だれでもCTPの出力と管理が可能となるMobile CTP Control App.を実際に使用して、プレートセッターへのプレート出力指示をしてプレート出力するロケーションフリーCTPを実演・提案する。

 

ワークフローシステムKODAK PRINERGYワークフロー最新バージョン8.3

AI機能を活用したPRINERGY Cloudソリューション

世界で6万ライセンス以上の導入実績を誇るワークフローシステムPRINERGY Platformの最新バージョン8.3を実演で紹介。また、BCP対策や業務の可視化に有効なPRINERGY CloudソリューションのAI機能を駆使したオートギャンギングや、データストレージサービスを紹介するほか、アナリティクスサービスのツールとして新たにリリースされた「Ink&Plate Usage」によるデータやファイルごとにインクや資材のコストを試算する機能なども紹介し、スマートファクトリーの構築に有効なソリューションを提案する。またそのほかに、パッケージ印刷向けのデータ編集ツールPRINERGY Toolsも紹介する。

 

 

 

イベント 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP