2019年01月23日

㈱ミマキエンジニアリング(本社・長野県東御市、池田和明社長)は、フラットベッドUVインクジェットプリンター「UJF-7151 plus」に搭載可能なUV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」を2月から販売開始する。

 

同社では「次世代を創造する、デジタルプリントの新技術」をテーマとして、従来のUVインクジェットプリンターによるグラフィック表現の枠を超えた高付加価値プリント技術「Surface Imaging」の提案を行っている。

中でも、グリッターや箔を使ったメタリック表現は印刷物に高級感や特別感を与えることができる手法ではあるが、その反面、印刷後に手作業でメタリック加工を行う必要があるので作業者の負担にもなっていた。

 

そこで新たに開発したUV硬化メタリックインク「MUH-100-Si」では、特殊な光輝性顔料をインク内に配合することで、従来は別工程として必要だったグリッター塗布や箔転写処理を行わずに、印刷物に直接メタリックインクを塗布することを可能とした。

「Surface Imaging」で培った印刷技術を活かすことで、グロス/マット調の打ち分け、立体感のあるテクスチャー表現、さらにはメタリックインクの上にカラーインクをプリントしてカラーメタリック表現ができるなど、印刷物に対してより高い付加価値を与えることができる。

また、極小ロットのノベルティ、グッズなどの成形品はもちろんのこと、紙器、フィルム対して直接メタリック印刷ができるので、幅広い用途で活用できる。

 

グロス調

グロス調

マット調

マット調

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その主な特徴は次のとおり。

▽グロス/マット調に打ち分けるプリント技術「MMC(Mimaki Metallic Control)」

1種類のメタリックインクをグロス/マット調に打ち分ける技術を開発。光沢感があり、鏡面仕上げのような美しいグロス調、光を乱反射させることで光沢感を抑えつつもギラギラとした印象を与えるマット調を使い分けることで、表現領域の幅が広がる。

 

テクスチャ表現

立体感のあるテクスチャー表現

▽立体感のあるテクスチャー表現

プリント対象にインクが付着した瞬間にUV光で硬化させるので、インクの吐出濃度を変えることで簡単にテクスチャーをプリントできる。光の当たり方で見え方が変わるテクスチャー表現により、ワンランクアップした訴求力を発揮できる。

 

▽フルカラーのメタリック表現

メタリックインクの上にカラーインクを重ねてプリントすることで、カラーメタリック表現ができる。デザインによってメタリック、カラー、カラーメタリックと組み合わせて使い分けることで表現の幅が広がる。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP