2015年05月22日

イーストマン・コダック社がワークフロー自動化ソフトの最新版となる「Prinergyワークフロー7」を発表・発売した。

「Prinergyワークフロー7」に搭載された新機能はユーザー印刷会社の利益率維持を最優先したもので、人為的ミスの抑制、下版までの時間短縮、適正な利潤率維持に欠かせない迅速・的確な判断を可能にするような新機能をさらに追加した。

 

主な改良点として、callas software社のプリフライトプロファイルが統合できて品質管理の向上や手作業による負担の軽減が図れるほか、エラー検知の向上およびファイルの複数レイヤーに対するコントロールの機能強化によってバージョニング印刷の柔軟性・信頼性・再現性を大幅に高めている。

 

また、デジタルとオフセット双方の印刷機の一元管理によってサードパーティのデジタル印刷機やCTPであらゆるサイズのジョブを自動生産することが可能。

さらに、新たに㈱リコーが開発・販売するプリンターコントローラー「TotalFlowプリントサーバーR-60/R-60A」との接続も実現し、Prinergy上でデジタル印刷のさまざまな出力に関する指示や情報の取得ができるようになった。

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP