2018年11月19日

キヤノンマーケティングジャパン㈱(本社・東京都港区、坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ㈱(本社・東京都港区、井崎孝社長)は12月中旬から、高画質と高生産性を両立しつつセキュリティー機能を強化した42インチサイズ対応広幅デジタルカラー複合機「Oce ColorWave3500/3700」を発売する。

 

Oce ColorWave3700

Oce ColorWave3700

この「Oce ColorWave3500/3700」は、4色のトナーをジェル状にして噴射させる独自開発の印刷技術「クリスタルポイントテクノロジー」により、インクジェット方式の特徴である高画質とカラー出力、LED方式の特徴である普通紙出力と高速出力を実現する。

モノクロとカラーの出力を1台に統合して出力ワークフローの効率化を図るとともに、印刷プロセス全体にわたる高生産性を実現する。

 

 

その主な特徴は次のとおり。

 

▽高い生産性を実現

インク受理層が不要で普通紙に線画からグラフィックまで出力可能。高速モードで、A0サイズでモノクロ毎時128枚、カラー毎時120枚の連続出力ができる。

また、「Oce ColorWave3500」では最大4ロール、「Oce ColorWave3700」では最大6ロールの大容量給紙が可能な上、最大90ページのドキュメントを整列性よく本体上部へ排紙するトップデリバリートレイも標準装備している。

 

▽A0サイズまでのドキュメントをスムーズに電子化するフルカラースキャナー

画像読み取りの独自技術「オセ・カラーイメージロジック」により、原稿のしわや色の濃度を自動補正し、高画質な電子化を実現。ズーム機能は10%から1000%まで0.1%単位で設定が可能。

 

▽「Oce ColorWave3700」では、短期ポスターなどのグラフィックアーツ向けに独自技術「オセメディアセンステクノロジー」を搭載。厚さ0・8㍉までのメディアに対応する。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP