2018年11月19日

㈱山櫻(本社・東京都中央区、市瀬豊和社長)は、12月3日から同社本社1階ショールームで、今年で11回目を数える年賀状展「明治・大正・昭和の亥歳年賀状と江戸時代の年賀の書状」展を開催する。

 

171021_年賀企画展DM_決定_outこの展示会では、明治・大正・昭和のユニークな亥歳年賀状の展示を通して、印刷技術やデザインの変遷を紹介する。また、郵便制度ができる前の江戸時代初期と末期の年賀の書状2通も展示される。

 

さらに、東京造形大学と共同で行った年賀状デザインコンペ「NENGA DESIGN COMPETITION2019」の受賞作や、全国の高校生がテーマに沿った年賀状を制作してトーナメント方式で優勝を競うコンテスト「2019年賀甲子園」での優秀作の展示も行う。

 

【開催概要】

▽会期=2018年12月3日から2019年1月18日まで(入場無料)

▽開場時間=午前9時~午後5時半(土日曜・祝日および年末年始は休展)

▽会場=同社本社1階ショールーム(東京都中央区新富2の4の7

▽問合先=03・5543・6311

 

 

 

 

 

 

イベント 企業-関連の記事

PAGE TOP