2015年05月22日

㈱ホリゾン東テクノ(本社・東京都江戸川区、佐野作兵衛社長)は、5月21日から23日まで、東京・千代田の科学技術館1階展示ホールで「第23回ホリゾン製本システムショー」を開催している。

 

デジタル印刷向け中綴じ製本システム

デジタル印刷向け中綴じ製本システム

今回のショーではとくに、小ロット生産やバリアブル生産に対応した「デジタル印刷向け製本システム」に注目が集まっている。

実演デモンストレーションでは、富士ゼロックス製のフルカラーPOD機「Versant2100Press」で出力した印刷物を、効率的に後加工するソリューションを紹介。

 

 

その1つ、デジタル印刷向け中綴じシステム「Smart Stitching System」は、デジタル印刷機から丁合されて出力されたものをハイスピードオフラインフィーダー「HOF-400」に給紙・積載すると、印刷物に印字しておいた1冊分の始めと終わりを示すマークを読み取り、1冊毎に正しい枚数分を集積装置へ送り、表紙供給装置、中綴じ機「SPF-200A」を経て、ワンパスで中綴じ冊子を完成させる。

デジタル印刷向け書籍製本システムでは、右奥の折機で作った折丁を、集積装置で重ねて1冊分のブックブロックを作り、左下の無線綴じ機で製本する

デジタル印刷向け書籍製本システムでは、右奥の折機で作った折丁を、集積装置で重ねて1冊分のブックブロックを作り、左下の無線綴じ機で製本する

また、デジタル印刷向け書籍製本システム「Smart Binding System」は、デジタル印刷機で丁合されて出力されたものを四六半裁全自動紙折機「AFC-566FKT」で折加工し、折丁ブロック集積装置で折丁の天と地を仮糊綴じして1冊ずつのブックブロックを作りコンベアに排出。ニアラインに設置した1クランプタイプ(バリアブル仕様)の自動無線綴機「BQ-270V」で製本し、三方断裁機で仕上げ断裁をし、文庫本を完成させる。

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP