2018年11月16日

色鉛筆「ふくしまのいろ」  1箱14本入り

色鉛筆「ふくしまのいろ」 1箱14本入り

福島県印刷工業組合(佐久間信幸理事長)は、福島県を想起させる色を纏った自然・伝統文化・食などから、それぞれの地域を代表する14色を選定し、色鉛筆「ふくしまのいろ」を製作、限定販売している。1箱14本入り。定価2500円+税。

 

「ふくしまのいろ」は、同工組創立60周年記念事業の一環として、県内3地方それぞれの特徴的な色を、組合員の目と感性で再発見・選定し発信する「ふくしまの伝統色事業~ふくしまの伝統色彩調査と色彩文化の保存・発信~」を展開してきた。

佐久間信幸

佐久間信幸理事長

この事業を通して、「つるがじょう・たきざくら・もも」など、ふくしまを代表する伝統色14色を選定し、それを「ふくしまのいろ」と名付けた。14色を次世代の子どもたちはじめ、福島県内外の人たちに伝え、未来に残そうとホームページやパンフレットで広く発信している。
その後同工組では「ふくしまのいろ」に触れ、豊かな色彩に彩られた「ふくしまの自然や文化」の魅力を実感してもらうためのツールとして、色鉛筆を制作・販売することにした。

色鉛筆は「ふくしまのいろ」14色(本)がセットになっている。色を塗るたび、素朴で温かなふくしまに触れることができる。

福島県を想起させる伝統色

 

「ふくしまのいろ」として選定された14色は次のとおり。
①つるがじょう②たきざくら③もも④しらかわだるま⑤あんぽがき⑥おおうちじゅく⑦ながとこ⑧しみどおふ⑨もりあおがえる⑩いわせきゅうり⑪おおぼりそうまやき⑫いなわしろこ⑬しおやさきとうだい⑭せきたん
問い合わせ先=福島県印刷工業組合(福島県福島市八木田字神明94、電話024・544・1945、FAX024・544・1946)

PAGE TOP