2018年11月05日

凸版印刷㈱は、タブレット型専用POS端末を活用し、クレジットや電子マネーなど多彩な決済手段に対応したモバイルPOS・決済サービス「TOPPOS(トッポス)」の提供を開始した。
同サービスは、㈱エンパシ(本社・東京都世田谷区)が提供する多機能モバイルPOS端末「EM10(イーエムテン)」を活用したモバイルPOSおよび決済サービスである。
 

具体的には、クレジット・電子マネーなどのほか、凸版印刷が提供する自社プリペイドや国際ブランドプリペイドなどの決済サービスや、決済機能の付いた会員カードの製造・発行、社員証・学生証によるキャッシュレスサービスなどと組み合わせたトータルなサービス提供が可能である。
 

さらに、凸版印刷が持つ店頭設計・イベント企画などのソリューションと組み合わせることで、売場自体の設計・制作にも対応できる。
 

同サービスを導入することにより、モバイルPOSによる売場管理はもちろん、立地や業態、取扱商品に応じた決済サービスや認証サービスを簡単に実現できる。
 

スマホ決済に対応可能

スマホ決済に対応可能


 

カード決済に対応可能

カード決済に対応可能

 

昨今の電子マネーによる決済の拡大や各種フィンテックサービスの増加に伴い、スマートフォンや電子マネーカードなどを軸とした決済サービスの重要性が高まりを見せている。
 

現在、民生品のスマートフォンやタブレット端末を活用したモバイル決済サービスの導入が増加している。しかし、セキュリティ性や耐久性の不足、また外付けカードリーダの設置が必要など、モバイル決済サービスの導入が進むにつれ、よりセキュリティ性や汎用性が高い、専用端末への要望が高まっている。
 

NFC、非接触IC、磁気カードの3種に対応

 
凸版印刷は、NFCや非接触IC、磁気カードの3種に対応したモバイルPOS専用端末「EM10」を活用したモバイルPOS・決済サービスの提供を開始した。
従来培ってきた各種カード製造・発行やプリペイド決済サービス、店頭設計・イベント企画ソリューションなどと組み合わせることで、トータルなサービス提供を可能にした。
 
 

PAGE TOP