2018年10月30日

 11月1日は「本の日」――11月1日から11日までの期間、書店に足を運ぶよう呼びかけるキャンペーンが展開される。キャンペーンスローガンは「11月1日は『本の日』」「『本の日』は本屋の日」「11月1日は本屋へ行こう!」。「本の日」実行委員会が提唱。日本書籍出版協会、日本雑誌協会、日本出版取次協会、日本書店商業組合連合会が後援している。
 

抽選で4010人に総額500万円の賞品

 
 「11月1日は本屋へ行こう!」キャンペーンの応募期間は1日から11日まで。
 書店の店頭に掲示してあるポスターのQRコードからアクセスすれば、だれでも応募でき、抽選で合計4010人に「図書カードネットギフト」が当たる。
 賞品1等10万円分10人、2等1000円分4000人。
 ただし、すべての書店がキャンペーンに参加しているわけではない。
 

 「本の日」は、全国各地の老舗書店の集まり「書店新風会」が制定した。読者に本との出会いの場である書店に足を運ぶきっかけの日としてもらうとともに、情操教育の一環としての「読書運動」の活性化が目的。日付は11と1で数字の1が本棚に本が並ぶ姿に見えることから選ばれた。想像、創造の力は1冊の本から始まるとのメッセージも込められている。
 
 

PAGE TOP