2018年10月24日

キヤノンマーケティングジャパン㈱(本社・東京都港区、坂田正弘社長)とキヤノンプロダクションプリンティングシステムズ㈱(本社・東京都港区、井崎孝社長)は、製品マニュアルや書籍などの印刷生産システムとして、高速デジタル印刷機と後加工機の一貫印刷ラインを11月上旬から発売開始し、多品種メガロットの受注に対応可能な印刷生産システムを展開する。

 

ColorStream6700Chroma

ColorStream6700Chroma

この一貫印刷ラインは、オセのフルカラー連帳IJ機の新製品「ColorStream6700Chroma」とキヤノンのフルカラープロダクションプリンター「imagePRESS C10000VP」の印刷システムに、㈱グーフの生産管理ソフト「PC OneFlow」とホリゾンの製本システム「Smart Binding System」を連携させた印刷生産システムとなる。

印刷前後の各工程を自動化し、製品マニュアルや書籍、カタログ、パンフレットなどの印刷物を効率的に生産することが可能となる。

 

「ColorStream6700Chroma」は、「ColorStream3000Z」シリーズの基本性能を継承しながら、ノズルの目詰まりを抑止するプリントヘッド機構と水性顔料インク「クロメラインク」を新たに搭載したフルカラー連帳インクジェットプリンター。

安定した稼働と色域の拡大、製品マニュアルに使用されることの多い薄紙用紙への印刷品質の向上を実現している。

最大毎分100㍍の印字速度(オプションでモノクロ印刷時150㍍に対応)、1色〜6色に対応する拡張性、機器設置時のレイアウトの柔軟性の高さが特徴のモデルとなっている。

 

キヤノンメディカルシステムズで導入される医療機器製品マニュアルの自動化生産システム

キヤノンメディカルシステムズで導入される医療機器製品マニュアルの自動化生産システム

この高速デジタル印刷機と後加工機の一貫印刷ラインは、キヤノンメディカルシステムズ㈱に先行導入され、来年初めから医療機器製品マニュアルの自動化生産システムとして稼働を開始する。

数万点におよぶマニュアルデータを自動で工務設計し、制作、印刷から製本まで一貫して生産効率を向上できるほか、必要時に必要部数だけを作成することで在庫の適正化を図ることが可能になる。

医療機器製品マニュアルは、法改正など、製品マニュアルの内容を即時に修正する必要があるほか、印刷のカスレや落丁など品質にともなうトラブルはリコール対象になる場合があり、品質とトレーサビリティーを担保した生産システムの構築が求められる。

このような医療機器製品マニュアルの課題に対してこのシステムでは、プリフライトや面付けなどの印刷前処理から下版データの管理、印刷、印刷検査ログの取得、製本、断裁を含む全工程の自動化を図り、リードタイムの削減と不良品の排除を実現している。

また、製品マニュアルを個別に管理できるので、リコールなどの問題が生じた際に製品マニュアルの印刷時期や出荷状況を追跡し、どこで不良が生じたかを確認できるなどトレーサビリティーにもすぐれている。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP