2018年10月19日

財務省は2019年3月18日から千円札の記号および番号の印刷色を現行の褐色から紺色に変更する。
 

(提供:財務省)

(提供:財務省)

 

日本銀行券千円券に褐色(暗い黄赤)で印刷されている記号および番号は、その組合せのすべてが使用されることとなった。
このため、財務省では10月18日、現行の千円券で記号および番号の色を紺色(暗い紫みの青)に印刷したものを19年3月18日から発行できるよう、日本銀行法第47条の規定に基づく告示を行った。
 
現在、流通している日本銀行券は、引き続き使用できる。
 
 

タグ: >

PAGE TOP