2018年10月15日

政府は、皇太子さまが新天皇に即位される2019年5月1日と、「即位礼正殿の儀」が行われる19年10月22日を、その年1回限りの祝日とする方向だ。特別法を10月下旬召集の臨時国会に提出する意向だ。

 
5月1日が祝日になれば、2019年の大型連休は祝日法の規定により10連休となる。

 

天皇陛下は来年4月30日に退位され、翌5月1日に皇太子さまが即位される。政府はこの日を「祝日」にするか「休日」にするか検討してきた。

 

祝日法は「その前日および翌日が国民の祝日である日は休日とする」と規定している。
5月1日(水)を祝日にすれば、4月30日(火)と5月2日(木)は休日となり、4月27日(土)から5月6日(月)までの10連休となる。

 

2019年
①4月27日(土)
②4月28日(日)
③4月29日(月)昭和の日(祝日)
④4月30日(火)天皇陛下退位
5月1日(水)皇太子さま即位、改元 1回限りの祝日なら前後の日は休日に
⑥5月2日(木)
⑦5月3日(金)憲法記念日(祝日)
⑧5月4日(土)みどりの日(祝日)
⑨5月5日(日)こどもの日(祝日)
⑩5月6日(月)振り替え休日

 

全カ連、休・祝日の未定日に記載指針 業界全体で足並み合わせる

 

なお、全国カレンダー出版協同組合連合会(JCAL)は、2019年版のカレンダーの未定日について、以下のとおり記載することで、業界全体で足並みを合わせ、提供することとしている。

記載内容がひとつの指針となり、カレンダー業界のみならず、速やかに関連他業界に開示し、社会への影響を最小限にとどめるのが目的。

 

<未定日の掲載についてのポイント>
 

180406JCAL記載方法2

JCALが決めた記載方法

・日付玉はいずれも墨(スミ)。
・4月30 日、5月1日、10月22日、12月23日の該当行事名は祝日色(朱色など)。
・4月30 日、5月1日、10月22日の該当行事名の前には祝日色の日の丸(国旗印)を入れる。
 
 

○全国カレンダー出版協同組合連合会 東京都台東区台東1の27の11の204  TEL: 03・5816・5035
E-mail: jcal@sage.ocn.ne.jp
 

祝日/休日シール添付の対応も

 
祝日対応としては、輸入カレンダー/手帳用の付録のような、「訂正」用の祝日/休日シールを添付したカレンダーなども登場している。
 
 

関連記事
全国カレンダー出版協同組合連合会、19年版カレンダーの祝日“未定日”の記載方法決める
【緊急レポート】カレンダー祝日問題 「即位礼」は来年10月22日に決定
【緊急レポート】19年5月1日の祝日化が最終調整に 実現すれば10連休

 
 
 

 

PAGE TOP