2018年10月17日

全日本シール印刷協同組合連合会(田中祐会長)は、第29回世界ラベルコンテスト「Best of the Best」(印刷方式別5部門)の受賞企業を発表した。
 
それによると、JFLPが出品した「㈱タカラ」「進和ラベル印刷㈱」「㈱サトー(サトープリンティング㈱)」の3社の作品が受賞の栄誉に浴した。
 
世界ナンバー1の賞である「Best of the Best」は、9月25日、北米・イリノイ州ローズモントで行われた「ラベルインダストリーグローバルアワード」の式典で発表され表彰された。
 
各クラスの最優秀賞ならびに審査員特別賞などについては、2018年2月15日に発表されている。
 
日本(JFLP)の「Best of the Best」受賞作品の「部門」と「会社名」は次のとおり。
フレキソ部門「㈱タカラ」(津田邦夫社長、正札協組)、レタープレス部門「サトープリンティング㈱(現㈱サトー)」(小瀧龍太郎社長、九州協組)、オフセット部門「進和ラベル印刷㈱」(晋道純一社長、東北協組)。
 
 

PAGE TOP