2018年10月03日

タイププロジェクト㈱(本社・東京都練馬区、鈴木功社長)は10月1日、同社が提供するフォントを年間定額で利用できるサービス「TPコネクト」を開始した。

このサービスでは、AXIS Font、AXISラウンド、AXIS Latin Pro、TP明朝、TPスカイ、濱明朝、SST JPのすべての書体ファミリーを年額3万円(税込)で利用できる。

 

「TPコネクト」は、実用性と美しさを兼ね備えた高品質で独自性の高いフォントを、好きな組み合わせで、好きな時に使うことができるもの。

用途に応じて、全フォントの中から使いたいフォントを自由に何度でもインストール、アンインストールすることが可能となっている。

 

同社の鈴木社長は「当社では、読みやすさと使いやすさを追求した、機能的で明快なデザインという一貫した思想ですべてのフォントを開発している。書体ごとの相性の良さ、整合性の高さにより、書体ファミリーを超えた組み合わせでも統一感が保てる。また、フォントファミリーには、ウエイトだけでなく字幅やコントラストなどの軸を導入しているので、きめ細かなフォント選びができる。“TPコネクト”は、より多くの場面で当社のフォントを利用できるサービスとなる」と述べている。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP