2018年10月02日

コダックジャパンは、東京ビッグサイトで開催されている「TOKYO PACK2018」の会期初日となる10月2日、同会場内で「軟包装対応高速インクジェットシステム“Uteco Sapphire Evo”の新たな可能性」と題したセミナーを開講した。

河原本部長

河原本部長

セミナーでは、同社エンタープライズインクジェットシステム事業部 EIS営業本部の河原一郎本部長が、イタリアのフレキソ印刷機メーカーのUteco社と高速コンティニュアスインクジェットを手掛けるコダックのPROSPERラインヘッドとのコラボレーションによる新製品「Uteco Sapphire Evo」の機能や特徴について詳細に紹介したほか、来春に同機の国内初号機を㈱金羊社(本社・東京都大田区、浅野晋作社長)に納入することを明らかにした。

なお、「Uteco Sapphire Evo」の国内販売・アフターメンテナンスサービスはUteco社の総代理店である伊藤忠マシンテクノス㈱が担当し、インクジェットヘッドの保守・インクの供給はコダックジャパンが担当する。

 

「Uteco Sapphire Evo」のインクジェットヘッドは、ノズルが乾いて白抜けが発生することもあるドロップオンデマンド方式ではなく、ノズルからつねにインクのドロップが流れ出るコンティニュアス方式なので、ベタが多いパッケージ用途に適している。

また、印刷スピードの速さ、ドットの着弾精度、品質を左右する着弾したドットの形状にもすぐれるという特徴を持つ。

インクは水性顔料インクを使っており、UVインクに比べてコストも抑えられる。

5色分のインクジェットヘッドを搭載でき、インクジェットユニットの前にプライマーユニット、後には白打ちやバーニッシュ用の水性フレキソ/グラビアユニットや後加工ユニットをインラインで備えることができるモジュラーシステム。

毎分150㍍という高生産性、高い印刷品質、低いランニングコストをあわせ持っている。

 

牧野社長

牧野社長

セミナーでは、来春に国内初号機を導入することが決まっている金羊社のグループ会社、㈱ディー・ピー・ツー インターナショナルの牧野泉社長(本社・東京都渋谷区)が、導入を決めた経緯について説明した。

その中で牧野社長は「金羊社では7年程前から水性フレキソ印刷を始め、現在は4台の水性フレキソ印刷機が稼働している。そのような中、多品種小ロットへのニーズが高まっているが、4000㍍未満のロットでは版を必要とするアナログ印刷方式だと採算が取れないため、UVインクジェット機を導入した。しかし、UVインクはインク膜が厚過ぎて我々の仕事には適していなかったため、2年前の発表当時から注視してきた“Uteco Sapphire Evo”でテストを行ったところ、毎分125~150㍍の高速印刷であっても、軟包装・建材などのあらゆるメディアで高い印刷品質が得られることが確認できたので導入を決めた」と述べた。

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP