2018年10月01日

共同印刷㈱(藤森康彰社長)は、10月2日から5日まで、東京ビッグサイトで開催される総合包装展「TOKYOPACK2018―東京国際包装展」に出展し、紙器、軟包装、チューブ、医薬・産業資材の各分野にわたる多彩な製品と各種サンプルでパッケージの新たな可能性を提案する。

 
同展は、さまざまな業界で活躍している包装資材・容器、包装機械を中心に、調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るまでを網羅した、世界有数の国際総合包装展である。

 
共同印刷は、開封性を追求したスタンディングミニパウチ「Tパウチ・ショット」や、持ち運びやすく注ぎやすい中容量フレキシブルコンテナー「ハンディキューブ」、バリア性とデザイン性を兼ね備えた「フルプリント ラミネートチューブ」、湿気・アウトガス吸収フィルム「モイストキャッチ」をはじめとする高機能フィルムなど、高機能製品を紹介する。

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP