2015年05月15日

シタラフェアが盛大に開催

シタラフェアが盛大に開催

設楽印刷機材㈱(本社・群馬県前橋市、設楽誠一社長)は5月15日から16日まで、群馬・高崎のビエント高崎ビッグキューブ(旧・高崎問屋街センター展示会館)で「シタラフェア2015」を開催している。今回のフェアは、過去最大規模となる117社が協賛・出展をしている。

 

15日の午前9時半から、多数の業界関係者が出席の中、開会式が行われた。

 

主催者を代表してあいさつに立った設楽社長は、「昨年12月に当社は創業60周年を迎えることができた。これもひとえに印刷業界や関連メーカーのみなさまに支えてもらったおかげだと思っている。これを機にさらなる発展をして、みなさまからの日頃の恩に報いていけるよう、全社を挙げて取り組む」と開催への想いを表した。

 

また、来賓を代表して全印工連の島村博之会長、関東甲信越静地区印刷協議会の日暮秀一会長、群馬県印刷工業組合の吉田吉太郎理事長から祝辞が贈られた後、テープカットが行われ、華々しく開幕した。

 

展示エリアでは、オフセット印刷機、デジタル印刷機、大判IJプリンター、シールプリンター、孔版印刷機、名刺プリンターといった印刷機群をはじめ、フレキソCTP、製本・後加工機器、ソフト製品、さらには中古機販売など、印刷全工程にわたる機資材を展示・紹介。さらに、市場ニーズを捉えた3講座のセミナーも開く。

イベント-関連の記事

PAGE TOP