2018年09月25日

レンゴー㈱(本社・大阪府大阪市、大坪清社長)は段ボール分野でのデジタル印刷の本格導入に向け、HP社製の高速インクジェット輪転印刷機「HP PageWide T1190Press」を採用し、来夏から稼働を開始する。

 

HP PageWide T1190 Press

HP PageWide T1190 Press

同社が導入する「HP PageWide T1190Press」は、新しい6色インクシステム、毎分305㍍の生産能力、先進的なワークフローソリューション「HP One Package workflow suite」を備えた生産性の高い包装資材向けデジタル印刷機で、デジタルプレプリントソリューションを提供できるようになる。

また、UV反応性の化学物質を含まない水性インクは、食品・飲料包装などの成長分野に加え、ペットフード、育児用品、玩具、医薬品、化粧品など、臭いに対して厳しい要求がある用途での使用にも適している。

 

なお、アジア太平洋地域での「HP PageWide T1190Press」の導入は初の例となる。

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP