2018年09月21日

大日本印刷は、顧客企業の販促用のコンテンツを、生活者との接点(コンタクトポイント)において最適なフォーマットで提供することを推進している。その一環として、Kaizen Platform社、ロカリオと連携し、チラシの制作データを活用して、広告用の動画素材を短時間で制作し、チラシが新聞に折り込まれるのと同じタイミングで動画広告としてインターネットに配信できるサービスを開始した。動画広告はGoogle、Yahoo! JAPANの広告メニューへの配信から始め、今後はFacebookなどを始めとしたSNSや、その他Webメディアを含めた配信先の拡大も進めていく。

 
多くの企業が、生活者一人ひとりに最適化した販売促進を行う“One to Oneマーケティング”を推進するなか、リアル・デジタルの双方での生活者との接点において、最適なタイミングで最適なコンテンツを最適なフォーマットで提供することが求められている。一方、生活者のメディア接触率の変化などにより、折込チラシなどの販促施策では、20代・30代への情報到達(リーチ)不足が指摘されている。
しかしインターネット広告にも、広告サイズの制約による情報量の少なさや、配信までのスケジュールなどに課題があり、折込チラシの補完としては、まだ十分に活用しきれていない状況である。
 
これらの課題に対してDNPは、販促用コンテンツを企画・制作してきた長年の実績や、流通・小売業等の販促情報を一元管理してチラシ制作や多メディア配信を効率化する「流通向け情報管理プラットフォーム Retail Meister」等の強みを活かし、広告用動画を短期間で制作するとともに、配信までの期間を短縮し、折込チラシとインターネットの動画広告を同日に実施できる仕組み(スキーム)を整えた。
 
【サービスの概要と特徴】
○DNPが顧客企業から預かって管理している印刷物等の制作データから動画コンテンツを生成し、チラシの折込日と同じタイミングで、インターネット広告を配信できるサービス。
○動画広告の素材は、Kaizen Platform社が印刷物の制作データから48時間以内に制作。
○動画広告メニューはロカリオ社と連携。Googleが運営する動画共有サイト「YouTube」を中心とする広告ネットワークと、Yahoo! JAPANが運営するYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)で配信できる。
○作成した動画は、各企業の自社のWebサイト(オウンドメディア)やSNSなどでも利用可能で、動画を活用した生活者とのコミュニケーションの推進につながる。
 
 

PAGE TOP