2018年09月14日

バーサファイアEP

バーサファイアEP

ハイデルベルグ・ジャパン㈱(本社・東京都品川区、水野秀也社長)は、ロングラン出力もこなせる高生産型カラーPOD機の最新機「バーサファイアEP」の発売を開始した。

 

「バーサファイアCP」の後継機となるこの「バーサファイアEP」は、印刷のプロユースからの要求にいっそう応えられるような改良が施されたモデル。

生産性は毎分115枚/135枚(A4横)の印刷速度に向上しており、用紙斤量は470㌘/平方㍍まで対応。

自動インラインキャリブレーションを搭載したことで色の一貫性を実現し、インライン見当調整機能の搭載によって高精度の見当ももたらされる。

 

 

テストユーザーの独・ウンターライダーメディエングルッペ社では、1ロット2万ページのパーソナライズカタログといったロングランの仕事で、とくに「バーサファイアEP」の真価が発揮されている。

パーソナライズされた表紙はデジタル印刷機で印刷し、本文はオフセット印刷機で印刷している。

また、表面に凹凸のあるリネンペーパーに高品質で印刷することができるようになり、さらに両面印刷では1030㍉、片面印刷では1260㍉というバナーサイズのアプリケーション製作もできるので、これまではできなかった8ページのフライヤーを両面印刷し、かつパーソナライズしながらワンパスで製造している。

 

ウンターライダーメディエングルッペ社のマーカス・ウンターライダー取締役は「今日ではもはや、印刷をするだけでは十分ではなく、印刷から発送までのフルサービスが求められている。そこで我々は、最大限の自動化を目標としている。入力されたデータがCTPに渡されるのか、それとも直接デジタル印刷に渡されるのかを瞬時に判断できるようにしたいと考えているが、“バーサファイアEP”は最新のプリネクトDFEによって簡単に操作ができ、デジタルとオフセットのどちらの印刷方式でも色と細部の再現の一貫性がシームレスに最適化される。そして“バーサファイアEP”は、高速でとても安定した生産が可能となる」と述べている。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP