2018年09月04日

JAGAT Summer Fes 2018(夏フェス2018)が8月22・23の両日、東京・中野富士見町のJAGATで「デジタル×紙×マーケティング」をテーマに開かれた。前年対比5割増の延べ1500人近い来場者でにぎわった。
 

基調講演ではコンテンツの重要性と未来を聴いた

基調講演ではコンテンツの重要性と未来を聴いた


 

22日に行われた基調講演ではNewsPicks CCO最高コンテンツ責任者・佐々木紀彦氏が「『コンテンツ黄金時代』に最も輝くのは何か?」をテーマにコンテンツの重要性と未来を話した。
佐々木氏は①余暇時間の増加②プラットフォームの差別化③5Gによる高速・大容量化などの変化を受け、①スマホ最適②アップデートカルチャー③編集力・プロデュース力が重要になると指摘した。
またその編集者の役割として①スカウト(探す)②クリエイター(つなげる)③マーケター(見せる)があり、素質として①人脈(人のネットワーク)②教養(知恵のネットワーク)③企画力・センスが土壌となると述べた。
 

佐々木紀彦講師

佐々木紀彦講師

 
初日(8月22日):838人▽2日目(8月23日):641人合計:1479人(前年対比151・9%)
 
 

PAGE TOP