2018年09月03日

金子眞吾

金子眞吾

日頃から会員団体ならびに関連業界の皆様には日本印刷産業連合会にご理解、ご支援をたまわりお礼を申し上げます。
 
本年も多くの来賓をお迎えし「9月印刷の月」記念式典を開催できますことに感謝申し上げます。この記念式典では、日本印刷産業連合会、会員10団体において要職を務められ、組織運営、技術向上、品質管理、安全管理、個人情報保護などさまざまな分野で印刷産業の発展に貢献された方が「日本印刷産業連合会表彰」をお受けになられます。
 
また、地球環境に配慮し、工場の環境改善を進め、地域社会からの信頼を得るために努力された工場が「印刷産業環境優良工場表彰」を受賞されます。賞をお受けになる皆様に敬意を表するとともに、これからも業界発展のためにご尽力たまわりますようお願い申し上げます。
 
日本印刷産業連合会は、今期より、講演会のテーマとして掲げた国連の提唱する「SDGs」を基軸とし、印刷産業の果たすべき役割を整理しながら、活動方針である「グランドデザイン」に基づく「印刷産業の社会的責任」の遂行に資する活動を展開しております。本年7月にはアジア印刷会議FAPGA(Forum of Asia Pacific Graphic Arts)を9年ぶりに東京で開催いたしました。今回の会議は、アジア各国の印刷市場の動向や新たな印刷技術について情報を共有し、ベストプラクティスを学び合い、活発な意見交換を重ね、各国からの参加者にとって大変有意義なものとなりました。
 
また、同時期に開催された国際印刷機材展IGAS2018にはJPEX(Japan Printing Exhibition)を出展し、日本の印刷産業を広く国内外に紹介いたしました。9月以降にも「印刷と私」エッセイ作文・コンテスト、「知財公開フォーラム2018」など一般の方にも参加していただく多彩な事業を進めてまいります。これらの活動を通じ、印刷産業への理解を深め、産業全体への信頼を高めていきたいと考えております。
 
ご紹介した活動に加え、「グランドデザイン」に定められた方針に沿い、印刷産業における「新たな価値の創出」「社会の期待に応える誠実な企業行動」「地球環境への高い配慮」「社会に向けた情報発信の強化」などにつながる事業を着実かつ積極的に進めてまいります。
今後とも皆様からのご協力をたまわりますようお願い申し上げます。
 
 

PAGE TOP