2018年08月28日

エプソンは、商業・産業向け大判インクジェットプリンター「SureColor」シリーズ水性顔料4色機に、3シリーズの新製品を9月11日から順次発売開始する。

 

SC-T5450

SC-T5450

今回発売を開始するのは、▽A1プラスサイズ対応の大判インクジェットプリンターとしてクラス最小設置面積、軽量の「SC-T3150N」を含む「エントリーシリーズ」、▽CADやポスターをより高速で印刷でき、学校向けにも適している「スタンダードシリーズ」、▽高速・高品質印刷に加えてダブルロールモデルや大判複合機などの豊富なラインアップを揃える「ハイパフォーマンスシリーズ」--となる。

これらの新製品3シリーズは、耐水性にすぐれた顔料インクを全色で採用。水濡れや色あせに強く、屋外用途でも使うことができる。

 

▽エントリーシリーズ=省スペースで軽量、便利なロール紙と単票紙の自動切り換えで導入のしやすさを実現。オートシートフィーダーを搭載しているため、A4やA3サイズの印刷がロール紙との切り替えなしで可能。普通紙約50枚がセットできるので、図面やPOP、ポスターのほか、書類印刷などの事務用途としても使うことができる。

 

▽スタンダードシリーズ=CAD図面A1サイズの高速印刷を実現し、「SC-T3450」で約25秒、「SC-T5450」では約22秒という高速で印刷。また、行事で使う案内板や長尺の横断幕を用途に応じたサイズで出力したいといった用途では、スキャナーが付いた拡大コピーモデルもあり、パソコンからの大判印刷はもちろん、A4サイズやA3サイズの原稿を拡大コピー印刷することができる。

 

▽ハイパフォーマンスシリーズ=POPやポスターを高品質印刷ができるよう、用紙の種類に合わせて切り替え可能な2種類のブラックインク(フォトブラック、マットブラック)を搭載。また、ロール紙を2本同時にセットできるダブルロールモデルや、手書き修正したCAD図面のデジタル化などの用途で使用できる大判複合機など、用途に応じたラインアップを用意している。

 

 

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP