2018年08月13日

ダイヤミック㈱(本社・東京都墨田区、星野浩之社長)は8月27日から、スポーツイベント応援や音楽ライブ・コンサートなどで活用できる「FPF(フェイスペイントフィルム)」の発売を開始する。

 

近年、スポーツイベント応援や音楽ライブ・コンサートのアイテムとして、顔や肌にペイントを施す需要が増加している。

現行の主流品はペイント製品か水転写貼り付けのタトゥーシールとなるが、ペイント製品では女性の化粧に影響があり、タトゥーシールではシールを水に浸すことや貼付部分の脂分を落とす必要があって簡単にできない。

また、拭き取りや剥離の際にはアルコールやベビーオイルで軟化させてから擦り落とすので、使用にわずらわしさが伴う。

 

そこで同社では、このようなわずらわしさを解消した、気軽に使える商品として「FPF(フェイスペイントフィルム)」を開発した。

「FPF(フェイスペイントフィルム)」の特徴は次のとおり。

▽シルク印刷、UVオフセット印刷、UVインクジェット印刷に対応したシール素材(水性・溶剤インクジェットには非対応)

▽基材に柔軟性が高い薄でキャストアクリルフイルム(25μ㍍)を使用し、肌への動き追従性を高めている

▽絆創膏やメディカルテープに使用される低アレルギー性アクリル系粘着剤を使用。ヒトパッチテスト試験済みのシール素材

 

【商品ラインアップ】

幅300㍉×長さ500㍉(シート200枚入り) 5万2000円(税別)

幅460㍉×長さ30㍍(ロール1本) 2万6300円(税別)

幅240㍉×長さ200㍍(ロール1本) 9万1200円(税別)

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP