2018年07月18日

ダイコロ㈱(本社・大阪府枚方市招提田近2の8、松本秀作社長)がアルバム業界では初めてクラウドワークフローシステム「アポジー・クラウド」を平成30年1月から採用し、運用を開始している。

それにより、プリプレスで使っていたPCサーバーを削減するとともに、プリプレスワークフローをクラウド環境で運用することによってプリプレス作業の効率化を実現している。

 

同社が採用した「アポジー・クラウド」は、すべてのデータ処理をクラウド環境で実現できるアグフア社製のJDFベースのPDFワークフロー。

複数のプリプレスPCサーバーの管理による手間や、サーバー更新時にかかる大きなコストが解消されるという点から同社では導入を決めた。

「アポジー・クラウド」によってRIP用PCサーバーをクラウド環境に集約したことで、最大6台あったRIP用PCサーバーをすべて廃棄でき、PCサーバーごとの維持・管理業務などが必要なくなるとともに、定期的に行うPCサーバー更新に必要な6台分の費用やアップグレードにかかる準備も不要となっている。

また、プリプレスワークフローをクラウド環境で一元管理できるようになった。

 

同社では膨大な個人情報が含まれる卒業アルバムのデータを扱っているので、セキュリティ面で十分な対策を取る必要がある。

その点でも、つねに最新のセキュリティ対策が行われ、また幾重ものデータバックアップ体制が整備されて災害やPCサーバーの故障によるデータ消失のリスクを最小限に抑えられる「アポジー・クラウド」の採用は多大な効果につながっている。

 

その導入にあたり同社では、「インターネットを活用して顧客とのやりとりを効率化する仕組みをすでに構築していたので、“クラウド”に対する抵抗感はなかった。むしろプリプレスの効率化・省力化のためには必要不可欠な仕組みだと感じて採用を決めた。実際にクラウドワークフローに集約したことで、PCサーバー運用時に比べて大幅に処理速度が上昇し、繁忙期には1日に約2000版ものデータを円滑に処理でき、問題なく運用されている。今後は“アポジー・クラウド”と組み合わせて、クライアント向けにさらに良いサービスの提供を目指す」と述べている。

 

 

 

企業 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP