2018年07月17日

㈱リコー(本社・東京都大田区、山下良則社長)は、カラープロダクションプリンターの新製品として「RICOH Pro C9210/C9200」を7月26日から発売する。

 

RICOH Pro_C9210

RICOH Pro_C9210

この新製品は、「RICOH Pro C9110/C9100」の後継機で、商業印刷向けの生産機としての基本性能を追求したフラッグシップモデル。

オフセット印刷に迫る滑らかな高画質に加え、新技術スイング&シフト式レジストレーションにより、用紙の直角精度の影響を受けにくい、高い表裏見当精度を実現している。

さらに、新技術IQCT for High-Endにより、これまでは高度なスキルを持ったオペレーターが行っていた色味調整(キャリブレーション)や画像位置調整などの作業を、マシン内部に搭載したセンサーによって自動化するほか、印刷中の色変動を自動で抑制する新機能も搭載し、オペレーションの省力化と品質の安定化を両立している。

用紙対応力も前身機より大幅に向上し、長尺用紙は片面1260㍉、自動両面1030㍉まで、紙厚は470㌘/平方㍍まで対応しており、バナーやカタログ、パッケージやカードなど、製作できる幅がさらに広がった。

 

 

「RICOH Pro C9210/C9200」の主な特徴は次のとおり。

▽生産機にふさわしい高画質・安定性を実現。中間転写ベルトに肉厚なゴムベルトを採用することで、滑らかな画質を実現。また、前身機からベルト素材を改良することで、中間調の品質もさらに向上している。

 

▽独自の重合法によるオイルレスのカラーPxP-EQRトナーを採用。転写性能の向上により大量連続出力時にも安定した画像品質を維持する。

 

▽新技術スイング&シフト式レジストレーションの採用により、同シリーズで初めて用紙の位置をサイド基準で合わせることが可能となった。これにより、用紙の直角精度の影響を受けにくい表裏見当精度を実現する。

 

▽高次元の安定性と自動化・省力化を両立するIQCT for High-Endを搭載。マシン内部に搭載した3つのセンサーにより、印刷前や印刷中の調整を自動化する。

①濃度センサーで印刷品質を自動で制御し、濃度ムラの抑制や印刷中のトナー付着量の安定化を実現。

②ラインセンサー(CCDスキャナー)で印刷中に色変動を検出し、抑制する「カラーホーミング」に対応。また、自動でのキャリブレーションが可能になり、印刷前の調整作業も省力化する。

③コンタクトイメージセンサーで、印刷前の画像位置調整を自動で行うことができる。さらに、専用の検出マークを画像に付与することで、印刷中に自動で画像位置を微調整し、連続印刷時にも安定した精度を保つ。

 

▽ストレートな用紙搬送パスとエアピック給紙方式を採用することで用紙へのストレスを抑え、最大紙厚470㌘/平方㍍の対応を実現。また、ストレート用紙冷却ベルトを搭載し、厚紙印刷時も高品質に印刷できる。

 

▽連続印刷速度は用紙厚を問わず、フルカラー/モノクロともにC9210で毎分135ページ、C9200で毎分115ページ(いずれもA4横)の高生産性を実現。

 

▽使用する用紙の種類や設定を管理する「統合用紙設定システム」をさらに進化させることで、設定画面でより視覚的な操作が可能になった。また、設定できる紙の種類は200件から1000件に増えている。

 

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP