2018年07月02日

日本アグフア・ゲバルト㈱(本社・東京都品川区、松石浩行社長)は、CTP業務の省力化を推進するCTP用パレットローディングシステム「Expert Loader」を7月26日から販売開始する。

 

ExpertLoader

ExpertLoader

プリプレス業務のさらなる省力化を実現するパレットローディングシステム「Expert Loader」は、1200枚積みのパレットのままCTPプレートを直接ロードするもので、これまで頻繁に多人数で行っていたプレート梱包の開梱や装填の作業を不要とし、長時間のCTP無人運転を実現できるようにするもの。

また、廃棄物の削減や在庫スペースの縮小にもつながり、製版室の環境改善にも繋がる。

カセット(最大2段、それぞれに100枚搭載可能)追加による異なるプレートサイズへの対応はもちろん、拡張パレットユニットの追加により2種のパレットを同時に装填可能になり、さらなる長時間のCTP無人運転ができる。

 

「Expert Loader」の特徴は次のとおり。

▽CTPプレートを最大2400枚搭載可能(パレット装填)で、パレットからプレートを直接ローディング

▽これまでのプレート梱包の開梱作業やプレート装填などのオペレーターの手間を省き、CTP業務の大幅な省力化と長時間運転を実現

▽毎時70版の給版スピードにより最高速機での出力にも対応

▽接続可能CTPはアグフア製「アバロンN8-60/80/90シリーズ」、対応可能プレートは「アズーラTS/TU」と「EnergyElite」

 

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP