2018年07月02日

リコージャパン㈱IGAS2018に「好機到来~DIGITAL&Smart」をコンセプトに掲げて出展。

過去最大規模の面積のブースを東3ホール3-2に構え、国内初出展となる高速連続用紙インクジェットプリンティングシステム「RICOH Pro VC60000」の実機展示やリリース予定製品の参考出展など、同社の最新技術をわかりやすく紹介する。

ブースのライブステージでは1日8回、「TotalFlow BatchBuilder」を中心としたさまざまなリコーソリューションを活用することでユーザーの課題を解決していくショートストーリーを、外国人MCによるコミカルかつ臨場感あるショーを通して実演をする。

 

 

ブースでの展示機は次のとおり。

 

RICOH Pro VC60000

RICOH Pro VC60000

RICOH Pro VC60000=同社ならではのプリントヘッド&インク技術を新搭載し、際立つ高画質を実現した高速連続用紙インクジェットプリンティングシステム。解像度1200×1200dpiの高画質で、用紙表面に特殊処理を施すことでオフセットコート紙などの非インクジェット専用紙への印刷も可能。最高印刷速度は毎分150㍍。

 

RICOH Pro T7210(参考出展)=自社のインクジェット技術を活用した同社初の産業印刷向け大判UVフラットベッドインクジェットプリンター。独自のUVインクを使用しており、アクリルやガラス、木材、アルミ、鋼板など、さまざまな基材に高い密着性を実現。印刷サイズは最大2.1×3.2㍍。

 

RICOH Pro C7210S

RICOH Pro C7210S

RICOH Pro8220s+PLOCKMATIC PBM350=連続印刷速度が毎分136枚(A4横)の高速性を持つプロダクションモノクロプリンター。1200×4800dpiの書き込み解像度を実現し、高画質を求めるプロニーズにも応えることができる。

 

RICOH Pro C7210s=4色+スペシャルカラートナーの5色印刷ができるモデル。連続印刷速度はフルカラー/モノクロともに毎分95ページ(A4横)で、最大360㌘/平方㍍までの厚紙も連続印刷速度を落とすことなく出力えきる。ホワイトトナーの先刷りもできるので、濃色紙やメタリック調の用紙に1回の通紙で印刷することも可能となった。

 

RICOH Pro C5210s=汎用力を活かしたオールインワンモデルのカラーPOD機。

 

RICOH Ri 100

RICOH Ri 100

RICOH Ri100=衣類に直接印刷できる小型DTG(Direct to Garment)プリンター。プリンター本体の小型化に加え、衣類にインクジェット印刷したインクを熱で定着させる仕上機をプリンターと上下に重ねて設置できるコンパクト設計を実現したほか、新規カセット式ホルダーの採用による簡単操作を実現しており、手軽かつ安全に衣類への直接印刷ができる。

 

そのほかにも、▽大量に入ってくる多品種・少量ジョブを、使う用紙、後工程の処理方法などの属性キーワードによって括って振り分け、自動実行させることで作業効率向上を図るシステム「TotalFlow BatchBuilder」、▽名刺、DM、カレンダーなどの高品質なバリアブル印刷が可能なソフト「FusionPro」、▽オフセットとPODのハイブリッドワークフローを可能にするプリントサーバー「TotalFlowプリントサーバー」--などを出展・展示するほか、ユーザーでの活用事例紹介、リコー未来コンセプト展示、スペシャルトナー+後加工加飾サンプル、産業ソリューションコーナー、スペシャルカラーデザインコンペティションの受賞作品の展示なども行う。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月28日と31日には、ホリゾン・インターナショナル㈱ブース(東3ホール3-4)内の特設セミナーエリア「Smart Factory Zone」で特別協賛セミナーを開講する。

ここでは、本格的なICT/IoT時代を迎え、印刷市場および印刷関連業に対してSmart Factoryをキーワードに近未来の印刷産業の形を提案する。

▽7月28日午後1時から1時40分まで「ハイブリッドワークフロー 超絶!ビフォーアフター」

▽7月31日午後1時から1時40分まで「PODをもっと儲かるビジネスに変える~Batchingによる高効率生産の実現~」

※先着順の事前登録制。日程の詳細や申込などは、http://smartfactory-igas2018.jp/ から。

 

 

 

 

IGAS2018 技術・製品-関連の記事

PAGE TOP