2018年06月28日

エプソンは、デジタルラベル印刷機の新製品として、シリーズ初のUV硬化インクを搭載したモデル「L-6034VW」を6月28日から発売開始した。

 

ラベル印刷市場では、シンプルな操作による印刷プロセスの時間短縮や、消費者の嗜好の多様化による小ロット多品種印刷に対応できるデジタル機器の導入が進んでいる。

そこでこの新製品は、PrecisionCoreラインヘッド搭載による毎分15㍍の高速印刷かつ、高画質印刷やオペレーション工数を削減するさまざまな機能を搭載し、印刷プロセスの効率化に貢献する。

また、同社の日本国内向けデジタルラベル印刷機として初めて、4色のUV硬化インクを搭載。

各色のインク吐出ヘッドの隣に設置されたLEDライトにより、インク着弾後に素早く仮硬化させるとともにインク滴の広がりを抑え、小ポイントの文字でもシャープな印刷を実現する。

さらに、LEDライトを採用しているため熱に弱いフィルムなど、さまざまな基材に対応可能。耐候性、耐擦性、耐水性にすぐれているため、屋内外の厳しい環境下で保管される工業用ラベルやフィルム素材のステッカー、特殊シールなどの中小ロット印刷に適している。

 

 

「L-6034VW」の主な特徴は次のとおり。

UVインク搭載のデジタルラベル印刷機「L-6034VW」

UVインク搭載のデジタルラベル印刷機「L-6034VW」

▽印刷プロセスの効率化を実現するさまざまな機能を搭載=コロナ処理、マルチバーニッシュテクノロジー、強力照射の機能を搭載。コロナ処理機での基材の表面加工から、マルチバーニッシュテクノロジーによるデジタルバーニッシュでの質感表現の調整、強力照射機での硬化仕上げまでの一連のワークフローを1度のオペレーションででき、印刷プロセスの効率化を実現する。また、約2週間のトレーニングで習得できる操作性に加え、 一定時間印刷すると自動的にヘッドクリーニングを実施する機能により、印刷時のノズル抜けを未然に防ぐことができる。

 

▽PrecisionCoreラインヘッドとUV硬化インクで実現する高速・高品質印刷=11個のプリントチップを搭載したPrecisionCoreラインヘッド6個を装備、高速かつ正確なインク滴を高精度に吐出。幅34㌢㍍までの基材に対応、毎分15㍍の高速印刷を実現する。インクはCMYKの4色とホワイトおよびデジタルバーニッシュで構成されたUV硬化インクを採用。 広い色域での色彩豊かな高画質印刷はもちろん、 ホワイトインクは高い隠蔽性と明度を持つ。

 

▽新開発マルチバーニッシュテクノロジー搭載で多彩な表現力を実現=カラーインク濃度に応じてデジタルバーニッシュの濃度を自動調整し、光沢差のない滑らかな質感の表現ができるマルチバーニッシュテクノロジーを搭載。マット調やグロス調の質感を表現できるほか、任意の場所に立体感を出すスポットバーニッシュなど、多彩な表現力でラベルの高付加価値を提供する。

 

▽高い耐久性を持つUV硬化インク=同社独自のUV硬化インクは、ラベルの耐久性に関する英国規格「BS5609」の基準をクリア。水性顔料インク搭載の「L-4533シリーズ」と比べて、耐候性、耐擦性、耐水性にすぐれており、厳しい環境下に置かれるラベル印刷にも適している。

 

 

 

 

技術・製品-関連の記事

PAGE TOP