2018年06月25日

環境保護印刷推進協議会(E3PA、松浦豊会長)は6月27日に「企業にとって『自然保護』、『生物多様性保全』の推進とは」と題した2018年度勉強会を開く。協議会会員、印刷関係者をはじめ環境問題に関心を寄せる人びとの参加を募っている。聴講無料。定員80人。同日の2018年度定時総会の併催行事として実施する。
 

【開催要項】
 
日時 2018年6月27日(水)午後2時55分(受付開始:午後2時30分/終了予定:午後4時15分)
会場 明治大学【紫紺館】3階会議室(東京都千代田区神田小川町3の22の14、電話03・3296・4727)
テーマ 「企業にとって『自然保護』『生物多様性保全』の推進とは」
講師 道家哲平(どうけ・てっぺい)氏(公益財団法人日本自然保護協会経営企画部副部長、IUCN委員会事務局長)、大野正人(おおの・まさと)氏(公益財団法人日本自然保護協会経営企画部自然のちから推進室プログラムオフィサー)
参加対象 環境保護印刷推進協議会会員ならびに印刷業界関係者ほか
定員 80人(定員になり次第、締め切り)
聴講料 無料
申込み方法 参加希望者はE3PAホームページ(http://www.e3pa.com/)から申込書をダウンロードし、必要事項を記入して事務局までFAX03・3553・5684でお申し込む。
問合先 E3PA事務局(日本印刷新聞社内)、電話03・3553・5681
 
 

PAGE TOP