2018年06月26日

全日本印刷工業組合連合会(臼田真人会長)は、新年度、ブランドスローガンとして『Happy Industry 人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業』を掲げている。冊子『Happy Industry』はHappy Industryの理念と、その実践に向けた全印工連の支援メニューを1冊に集約した事業計画書で、6月20日に秋田市で行われた上期東北地区印刷協議会(針生英一会長)では臼田会長自ら冊子の内容について説明するなど、今後、各地区印刷協議会で全印工連が展開する事業のメリットを周知し、各社の収益拡大に向けた取り組みを支援していく。
 

『Happy Industry』

『Happy Industry』


 

同冊子は、全印工連として今後会員企業に対しどのような支援に取り組むべきか、その事業メニューについて検討するよう平成29年度当初に臼田会長から諮問を受けた産業戦略デザイン室が1年間にわたり議論を重ねてまとめたもので、10章にわたって全印工連の支援メニューを体系化して事業内容やメリットなどを解説している。

 

全印工連としての事業計画書案

 
6月20日に秋田市・秋田キャッスルホテルで行われた平成30年度上期東北地区印刷協議会で冊子の説明にあたった臼田会長は、産業戦略デザイン室がこれまで提唱してきた3冊の提言書について「『産業成長戦略提言2010ソリューション・プロバイダーへの進化』と『印刷道~ソリューション・プロバイダーへの深化』の2冊は、組合員各社に対し業態変革のロードマップを示したもの。『全印工連2025計画新しい印刷産業へのリ・デザイン』は印刷産業として2025年までにどういった産業へ進んでいくのか、産業全体のロードマップを示したものである。今回の『Happy Industry』はこれらを支える全印工連としての事業計画書案という位置づけである。冊子の中には地区協、各工組、各企業が事業計画書に基づいてそれぞれの課題解決の道を辿ってもらえる事業を用意した。各事業を推進し目標としている人々の暮らしを彩り幸せを創る印刷産業へもっと加速させたい」と意気込みを語った。
 
【目次】
 
はじめに▽第1章 全印工連が提唱する印刷産業の未来▽第2章 全印工連の使命と支援事業メニュー▽第3章 「働き方改革」実践によるHappinessCompanyの実現に向けて▽第4章 事業承継/後継者不足に対する企業の最適化▽第5章 社会と人にやさしい環境先進産業を目指して▽第6章 教育研修事業の拡充で成長する印刷産業へ▽第7章 組合企業と社員を守る共済制度▽第8章 幸せを創る印刷産業としてのCSR推進▽第9章 全印工連の政策提言と官公需取引改善事業▽第10章 地区印刷協議会の改革に向けて▽産業戦略デザイン室での議論の経緯

 
 

PAGE TOP