2018年06月19日

日本アグフア・ゲバルト㈱(本社:東京都品川区、松石浩行社長)がIGAS2018の出展概要を発表した。

今回の同社の出展では、今後の印刷業界において受注減少よりも深刻な問題となるであろう労働力不足に着目し、その問題をIT技術による人的再配分と自動化による製造工程の省力化によって解決する技術を紹介する。

そして、プリプレス工程の省力化を推し進める「プリプレスのファクトリーオートメーション」をコンセプトに、プリプレス工程の自動化と効率化を実現する理想的な印刷工場のあり方を提案する。

ブースは東4ホール4-2。

 

ブースイメージ

ブースイメージ

同社の主な出展製品は次のとおり。

【プレートセッター/プレート】

▽自動化CTPパレットローディングシステム「エキスパート・ローダー」(新製品:実機展示)

1度に最大2400版を搭載できるCTPパレットローディングシステム。

これまでのようにオペレーターによる頻繁な版の装填をする必要がなく、長時間のCTP無人運転が実現できる。

ブースではCTPの無人運転オペレーションをライブステージで紹介する。

 

▽検版できる現像レスプレート「アズーラ」(実機展示)

速乾印刷で定評のある「アズーラ」の展示と速乾印刷がもたらす効果について、ユーザーの事例とともに紹介する。

 

▽新聞業界向け現像レスプレート「アズーラ・ニューズ」

新聞業界で急速に導入台数が伸びている現像レスプレートの導入事例などを紹介する。

 

【プリプレスワークフロー】

▽アポージーワーフクローの最新バージョン「アポジー11」(新製品:実機展示)

最新バージョン11を国内先行発表する。

自動面付け機能「アポジーインポーズ」をさらに強化し、デジタル印刷向けのカットアンドスタック(串刺し面付け)、冊子と端物の混在面付けにも対応した。

さらなる面付け工程の自動化を推進するとともに、Web入稿・校正システム「アポジー・Webアプルーバル」も機能を強化し、ブラウザでのジョブ作成、進捗管理機能による、さらに使いやすくなったWebインターフェイスを提供する。

 

▽クラウド型ファイルストレージサービス「アポジー・ドライブ」

「アポジー・プリプレス」と連携可能なクラウド型ファイルストレージサービスを紹介。

最新バージョンでは、インターフェイス改善、詳細な共有設定、メール通知機能の追加により利便性を向上させた。

 

▽アポジー機能拡張/自動化ツール「アポジー・オートパイロット」(新製品)

プリプレスのファクトリーオートメーションを実現するクラウド型の新製品を紹介。

アポジーの機能拡張ツールである「アポジー・オートパイロット」は、入稿されたファイル情報を読み取り、ニーズに合わせて自動振り分けやデータ検査、さらにカスタマイズ可能なさまざまなレポートを構築できる。

業界初のクラウドワークフローと連動することで、オペレーションフリーを目指した新たなプリプレス工程の自動化を提供する。

 

▽世界初のクラウドワークフロー「アポジー・クラウド」

業界初のクラウドワークロー。プリプレスワークフローのクラウド化によってBCP対策や働き方改革の実績が出てきている。

ブースではクラウドワークフローのユーザー事例や導入効果などを紹介する。

 

▽高精細スクリーニング「スブリマ」

印刷会社の営業改革を実現する高精細スクリーニング。同社が主催している高精細印刷コンテスト「スブリマコンテスト」の過去の受賞作品などをブースで展示する。

 

▽印刷標準化ソリューション「プレスチューン」/「インクチューン」(参考出品)

速乾印刷との組み合わせにより、さらなる印刷の標準化を実現する。同社が行う印刷コンサルティングの取り組み事例とともに紹介する。

 

【ワイドフォーマットUVインクジェットプリンター】

▽多機能UVインクジェットプリンター「アナプルナH2050i LED」(実機展示)

アナプルナH2050i LED

アナプルナH2050i LED

ノベルティから大型サインに対応できる多機能UVインクジェットソリューションを紹介。

ブースではライブデモンストレーションを通して超高品質のプリンターの実力を披露する。

またインクジェットコーナーでは、アグフアUVインクジェットならではの厚盛り機能を活用したテクスチャ印刷や大型ファブリックディスプレイのほか、さまざまなノベルティの印刷物などを展示する。

 

【IGAS2018出展社セミナー】

7月27日午前10時半から12時まで、東京ビッグサイト会議棟608号室で開講。

①アグフアが提案するプリプレスのファクトリーオートメーション、②アグフアのプレートが変えた印刷工場--という内容で、アグフアのプレートによって付加価値を追求するユーザーが登壇し、パネルディスカッション形式で紹介する。

問合せ、申込は同社まで。(参加費無料)

 

 

 

 

 

PAGE TOP