2018年06月19日

㈱ロッテ(本社・東京都新宿区、牛膓栄一社長)、凸版印刷㈱(本社・東京都千代田区、金子眞吾社長)、㈱日本HP(本社・東京都江東区、岡隆史社長)の3社が、公益社団法人日本包装技術協会が主催する「第42回木下賞 新規創出部門」を受賞した。

木下賞は、包装技術の研究・開発に顕著な業績をあげたものや、包装の合理化・改善・向上・新規分野創出に顕著な業績をあげたものに与えられる賞。

この受賞では、ロッテが平成29年5月に販売した20周年記念デザインパッケージの「キシリトールガム<Xミント>」についての取り組みが評価された。

 

今回受賞した「キシリトールガム<Xミント>」と、200万種以上のデザインが印刷されたパッケージフィルム

今回受賞した「キシリトールガム<Xミント>」と、200万種以上のデザインが印刷されたパッケージフィルム

今回受賞した取り組みは、キシリトールガム発売20周年を記念して、羽生結弦、小松菜奈、ヤバイTシャツ屋さんら、多様な才能を持つ20代の若者たち20組がデザインしたベースデザインをランダムに組み合わせ、200万種以上のパッケージデザインを実現したもの。

従来の印刷方法ではデザインごとに版が必要となるため、多品種のデザインを印刷することは難しいが、「HP Indigo20000デジタル印刷機」と、デザインデータを入力すると自動的に拡大・回転などを繰り返し、ユニークなデザインを自動生成できる「HP SmartStream Mosaicソリューション」を活用して製作。

また、凸版印刷が持つ情報加工技術とフィルムへのデジタル印刷やコンバーティング技術を融合させた「トッパンFPデジタルソリューション」をあわせて活用することで、軟包装で200万種以上のデザインを印刷したパッケージの製造を可能としている。

 

このデジタル印刷技術を活用したこの取り組みが、軟包装における新たなマーケティング手法の確立と技術革新性が評価され、今回の受賞につながった。

 

「HP Indigo20000デジタル印刷機」は、マスカスタマイゼーションの要求に応えるラベル・パッケージ印刷用のデジタル印刷機。印刷速度は最高毎分42㍍で、10μ㍍から250μ㍍までの厚さの軟包装用フィルムに対応する。

「HP SmartStream Mosaicソリューション」は、素材データを入力するだけで、自動的に拡大・回転などを繰り返し、世界に1つだけのデザインデータを大量に自動生成することができるアプリケーション。膨大な数の可変データの連続印刷が可能な「HP Indigo20000デジタル印刷機」と「HP SmartStream Mosaicソリューション」を組み合わせることで、200万種以上のオリジナルパッケージデザインの実現に貢献した。

 

また、「トッパンFPデジタルソリューション」は、菓子や食品、トイレタリーなど軟包装を用いた商品パッケージにおいて、1種固定のデザインだけでなく、地域や季節、可変メッセージなど、多種多様なデザインのバリエーション展開を実現するもの。

デジタル印刷でありながら、従来培ってきた情報加工技術を応用することで、店頭効果の高い印刷再現を可能にし、グラビア印刷と同等の品質を実現。

大小さまざまなデータを適切に取り扱う運用スキームを構築し、デザインのデータ量に応じた適切な運用体制を独自構築している。

 

 

 

 

 

技術・製品 話題-関連の記事

PAGE TOP