2018年06月14日

2020年に限り、東京五輪の開・閉会式に合わせて、3つの祝日を移動する改正東京五輪・パラリンピック特別措置法が6月13日午前の参院本会議で、共産党を除く与野党の賛成多数で可決、成立した。
この改正により、海の日(7月第3月曜日)を東京五輪の開会式前日の7月23日、体育の日(10月第2月曜日)を開会式の24日、山の日(8月11日)を閉会式翌日の8月10日に移動する。21年以降は通常の祝日スケジュールに戻す。
 

7月23日(木)~26日(日)4連休、8月8日(土)~10日(月)3連休に

 
結果、20年は7月23日(木)~26日(日)は4連休。8月8日(土)~10日(月)まで3連休になる。10月は祝日がなくなる。

 
開・閉会式の前後は多数の海外からの要人、選手団、観光客が訪日・離日する。その期間に祝日をあてて首都圏の通勤・通学者を減らし、警備を容易にするのが狙い。

 
参院本会議ではこのほか、20年から「体育の日」を「スポーツの日」に改称する改正祝日法、「国民体育大会」を「国民スポーツ大会」に改める改正スポーツ基本法、ドーピング防止を違法と位置づける「ドーピング防止活動推進法」も可決・成立した。
 
 
 

 

PAGE TOP