2018年06月18日

栃木県印刷工業組合は5月15日午後4時から、宇都宮市のホテルニューイタヤで平成30年度通常総会を開き、平成29年度事業報告書および決算関係書類、30年度事業計画案同収支予算案ならびに経費の賦課および徴収方法などの議案を審議し原案どおり承認するとともに、任期満了に伴う役員改選で井上光夫理事長を再選した。

 

総会は市川栄二副理事長の司会、長谷川孝常務理事の開会のことばで始まり、長谷川常務理事の先導で印刷産業人綱領を唱和。井上理事長の「昨年9月理事長に選任され、皆さんに支えられ9カ月経った。時代は大きな変化の中にある」とのあいさつに続いて、阿部博副理事長を議長に議事に入り、すべての上程議案を原案どおり承認した。

 

このうち平成30年度事業計画については、基本方針を井上理事長が説明。それによると、昭和48年当時208社あった組合員数が、51社へと激減した。これを受け平成30年度の基本計画の第1として組員の減少の歯止めと賛助会員の拡大を掲げた。

 

今年度の事業としては、組合員名簿(お仕事交流ハンドブック)の発行と活用、組合員各社への訪問、講習会など従来どおりに計画。青年部の構築に向けた取り組みも推進するとしている。

 

また任期満了に伴う役員改選は指名推選方法で行い、選考委員会および理事会で井上理事長以下、副理事長、専務理事、常務理事の4役を選任した。

 

新執行部を代表して井上理事長は、次のように決意を述べた。
「組合財政は極めて厳しい状況にあり、いまが正念場。経営・技術など、印刷を取り巻く環境がすべて変わった。この変化を味方にして力にするのが組合の役割であり、私の使命でもある。新執行部には若い人が多い。組合発展のために頑張る」

 

井上光夫

井上光夫理事長

 

来賓を代表して、螺良昭人栃木県議会議員、駒場孝明栃木県中小企業団体中央会総務部主査があいさつ。長谷川常務理事の閉会のことばで総会を終了した。

 

[新役員]
理事長=井上光夫(㈱井上総合印刷)
副理事長=市川栄二(美ツ和印刷㈱)、阿部博(晃南シール印刷㈱)
専務理事=小山研一(㈲赤札堂印刷所)
常務理事=長谷川孝(㈲好文社)、藤﨑則之(新任、藤﨑印刷㈱)

 
 

PAGE TOP