2018年06月18日

神奈川県印刷工業組合(杉山昌行理事長)は、5月18日午後4時から横浜市のローズホテル横浜で、第61回通常総会を開催し平成29年度事業報告案および決算関係書類案の件、平成30年度事業計画案および収支予算案の件、任期満了にともなう役員改選の件などを審議し、いずれも原案どおり承認した。役員改選では、江森克治氏(㈱協進印刷)を新理事長に選任した。また、平成30年・31年度の活動スローガンを「KANAGAWA Happy Industry~幸せと希望に満ちた神奈川の地域産業をめざして~」に定め、事業を推進していく。

 

「幸せ」を紡ぐ産業として、印刷産業に関わる人すべてが幸せになることを目指すべきとし、重点方針として・印刷産業がめざす方向性のあらためての明確化、およびその実現に向けた経営革新支援と教育機会の提供・参加者と新規組合員の拡大――などを決めた。
 

杉山理事長のあいさつ ご承知の通り厳しい時代で、当組合にしても厳しいものがあったが、何とか良い形で着地ができたのではないか。各組合員企業も方向性を見定め、今後やっていかねばならないと常日頃思っている。新しい事業も進めながら、組合員の皆様に力になれるようにしたい。
 
江森新理事長のあいさつ 「60年の歴史と伝統のある神奈川県印刷工業組合の理事長という職に就かせていただき、非常に責任を感じている。私たちは経営者として会社に係る人たちを幸せにしていかねばならないだろうと思っている。このような難しい時代、コミュニケーション手段が多様化しているので、印刷の相対的シェアが小さくなっていくことは仕方のないこと。
実はわれわれ印刷会社は印刷だけをやっているわけではなく、多種多様な仕事を行っている。しかし印刷というのは紙にインキを載せてというイメージが強く、私たち自身も印刷会社、印刷産業を小さく捉えすぎていると思う。
もっと大きく捉えていけば、事業領域が広がり、組合の事業領域も広がるわけであり、そこに加入してくれる組合員の数も増えていくはずだ。いろいろなことができるのだということを自覚し、世に訴えていくことが大事なのではないかと感じる。そのための活動をやらせていただきたいと思っている」
 

江森克治理事長

江森克治理事長


 
〔新役員〕
理事長=江森克治
副理事長=大川哲郎、中谷忠雄、古木直人
常任理事=森泉拓二、上曽朋広、上原健一、荒井慶太、松井俊彦、森下治、森島雅弘、能條三夫、高橋里司、池田文威、望月幹仁、武井康時、小野聡
 
 

PAGE TOP