2018年06月18日

北海道印刷工業組合は、5月18日午後2時30分から、札幌市のガーデンシティ札幌駅前で平成30年度通常総会を開催し、平成29年度事業報告同決算案、30年度事業計画案同収支予算案などを審議し、いずれも原案どおり承認するとともに、任期満了に伴う役員改選で板倉清理事長に代わって岸昌洋氏(㈱正文舎)を新理事長に選任した。
 
議事に先立ち、板倉理事長が「札幌を中心に景気が不安定な状況下、当組合は昨年、さまざまな事業を展開した。本日はその成果の報告と新年度に向けた事業計画、さらに役員改選という重要案件がある。慎重審議をお願いする」とあいさつ。
 
総会では、平成29年度事業報告同決算案を一括審議の結果、監査報告と併せて原案どおり承認可決。平成30年度事業計画案同収支予算案、30年度賦課金および徴収方法決定案、理事の報酬案についても一括上程で承認可決した。
 
また30年度事業計画については板倉理事長が、「組合員企業が活力に溢れ、希望を持ち、将来展望が描けるよう、『組織の拡大』『広報活動の強化』『未来を創る業界活動の展開』『“印刷の月”行事の取り組み』『共済事業への加入促進』『福利厚生事業の実施』『組織・財政状況の検討』『組合創立80周年記念誌の編纂の準備』を柱とした事業を積極的かつ強力に推進する」と説明した。
 
また役員改選は指名推選方法で行い、選考委員会で選出した理事15人、監事2人を承認。新理事による理事会を開催し、岸理事長以下、新執行部の顔ぶれを決めた。
 
岸理事長は就任に当たって、次のように所信を述べた。
 
「ふり返ってみると、北印工組の一員として、青年部を皮切りに各委員会委員長などの役目を通じて、いろいろなことを学び、また人脈を構築することができた。自社である正文舎が存続していること、またその社長でいられることも、多くの仲間、先輩の教えがあったからこそである。自分自身、若輩もので微力。恩返しというにはおこがましいが、歴代先輩の名を汚さないよう、また少しでも組合員の役に立てるように、緊張感を持って精一杯がんばる」
 

岸昌洋理事長

岸昌洋理事長


 

[新役員]
理事長=岸昌洋(新任)
副理事長=大和繁樹(㈱ヒロミ産業)、植平有治(新任、植平印刷㈱)、西山真(新任、大輝印刷㈱)
専務理事=伊藤克義(専従)
 
 

PAGE TOP