2018年06月08日

一般社団法人日本WPA(=日本水なし印刷協会:田畠久義会長)は6月8日、キング印刷㈱(本社・福島県福島市下鳥渡字新町西6の1、伊東邦彦社長)で第8期定期総会を開催した。

第9期では事業運営の改革を図る手段の1つとして理事会の内部組織として、▽マーケティング委員会、▽組織活性化委員会、▽IGAS委員会--の3つの専門委員会を設置することを決めた。

また、中期的な事業方針の骨格となる「WISH」を示すとともに、水なし印刷において水溶性UVインキを使うことでオフセット印刷工程からVOCを排することを示す環境ラベル「3Wインキマーク」を考案・登録申請していることも発表した。

任期満了にともなう理事改選で、新たに㈱栄光舎の最上啓一取締役を新理事に選任。会長には㈱久栄社の田畠久義会長が再任された。

 

田畠会長

田畠会長

総会の冒頭、あいさつに立った田畠会長は、「当会の会員数は、ピーク時には180社超だったが、3月末の段階で135社となっている。会員数の減少には危機感を持っており、魅力とインパクトのある事業を展開すべく、事業方針を定めた上でそれに沿った事業計画を立てていく。その事業方針として、水なし印刷の魅力を世間に広め、ひいては会員数増加につなげることを目的に“WISH”と設定した。この“WISH”は4つの単語(Waterless、Innovation、Sustainable、Humanity)の頭文字となる。これを今年だけに限らず中期的な事業方針として、これを達成するための計画を立てていく」と述べた。

 

「WISH」の具体的な内容として、▽Wは、水なし印刷の環境優位性を展示会などで広めて、水なし印刷指定の仕事を増やしていく、▽Iは、カーボンオフセットやCFP、リノベーションに続く革新的な事業を行うことで、会員にメリットを提供していく、▽Sは、環境に特化した団体としてSDGsの目的に沿った行動を展開して社会に貢献していく、▽Hは、全国規模でのセミナーや工場見学会、有志での交流懇親会などを通して、会員相互の交流を深める機会を提供していく--というものとなる。

 

3Wインキマークそのほか、環境省や文部科学省が後援する、個性的ですぐれた温暖化防止活動を表彰する「低炭素杯」に協賛し、同会の名称を冠した賞を創設することを発表。

さらに、①湿し水、②インキ、③洗浄剤--というオフセット印刷工程でのVOC発生要素において、①水なし印刷、②UVインキ、③水系洗浄剤--を使うことでVOCフリー化が図れることを提案。

それを実現する水なし印刷用水溶性UVインキを示す環境ラベル「3W(Water Washable Waterless UV ink)インキマーク」を披露するとともに、この技術をIGAS2018で紹介することも発表した。

 

総会に引き続いて、▽水なしLED-UV印刷の手法を確立したキング印刷、▽3W印刷のテストユーザーの精英堂印刷㈱--の工場見学会を開催した。

 

【関連記事】

日本WPA、水なしLED-UV印刷を展開するキング印刷とVOCフリーの3W印刷を行う精英堂印刷の工場見学を開催

 

 

PAGE TOP