2018年06月18日

兵庫県印工組は、5月17日午後3時半から神戸市中央区の神戸メリケンパークオリエンタルホテルで平成30年度通常総会を開き、平成29年度一般事業・厚生事業・研修事業・広報事業・決算・監査の各報告、平成30年度事業計画案・予算案などを審議し、いずれも原案どおり承認した。また役員改選で水落充理事長の再選を決めた。
 
総会では、水落理事長が「世界経済の拡大を背景に、輸出産業を中心として大手企業の収益が好調に推移する一方で、印刷業界においては実感が伴わない景況が続いている。このような状況の中で、組合は、経営革新・未来創造委員会、教育・研修委員会、環境・労務委員会、組織・共済委員会等を通じて、積極的にさまざまな事業に取り組んできた」とあいさつした。
 

水落充理事長

水落充理事長


 
続いて議長団に大倉俊昭(但馬支部)、伊賀義高(姫路支部)の両氏を選出。
 
議案審議に移り第1号議案から第8号議案までの議案を原案どおり承認した。任期満了に伴う役員改選では、役員選考委員4人が理事、監事を選任。初の理事会で水落充理事長を選任した。
 
水落理事長が平成30年度基本方針と各委員会事業について報告を行った。
また懇親会に先立ち組合設立60周年ポスターコンペティション表彰式が行われ、最優秀賞の杉清司氏(福田印刷工業㈱)、優秀賞の青木紗弓氏(大和美術印刷㈱)、加藤江里子氏(デジタルグラフィック㈱)が栄誉を称えられた。
 
続いて水落理事長が「総会での平成30年度事業計画・基本方針でも説明したが、当工業組合が設立されたのは、昭和33年(1958年)4月で、60年が経過した。この節目の年を迎えて組合設立60周年記念大会を開催することになった。
昨年の7月から準備委員会を立ち上げ協議してきた。開催日は、来年5月24日の組合総会の終了後。場所は、この神戸メリケンパークホテル。開催日と場所は、簡単に決まったが、記念大会のテーマは、さまざまな案の中から時間をかけて協議した。
メインテーマは、『next60未来への始まり』、サブテーマは、『飽くなき次代への挑戦』である。このテーマについて私の想いを話す。周知のように、工業組合の歴史は60年であるが、兵庫県の印刷業界の歴史は、明治32年(1899年)に設立された兵庫県商標印刷同業組合にまでさかのぼり、来年は120年になる。
創立60周年記念大会の開催は1年後だが、本年度は記念大会実行委員会を立ち上げて、各種の事業を企画し実行する。ついては、組合員皆さんが参加し創り上げる記念大会とすべく協力のほど、よろしくお願いしたい」と述べた。
 
続いて来賓を代表して渕上茂也兵庫県産業労働部産業振興局工業振興課長、志水達也神戸市経済観光局経済部長、中西隆太郎近畿地区印刷協議会会長があいさつしたあと、作道孝行大阪府印工組理事長の音頭で乾杯、祝宴に移った。
 
【新役員】
理事長=水落充(㈱甲南堂印刷)
副理事長=山本康二(デジタルグラフィック㈱)、磯田弘子(共栄印刷㈱)、高木克彦(㈲高木印刷所)、吉岡正城(㈲明輝堂印刷所)、武部健也(新任、大和出版印刷㈱)
 
 

PAGE TOP