2018年06月18日

大阪府印刷工業組合は、5月23日午後2時から、大阪市都島区の太閤園で平成30年度通常総代会を開き、平成29年度事業報告・決算報告および剰余金処分案ならびに共助会収支決算承認の件、平成30年度事業計画案および収支予算案などを協議し、いずれも原案どおり承認した。また任期満了に伴う役員改選で作道孝行理事長を再選した。
 
はじめに作道理事長が次のようにあいさつ。
 
「国内の景気は輸出の好調や年度末の需要増などによって一部の企業で収益が好調と言われ、今後は緩やかな拡大が予測されているが、中小企業にとっては依然として不透明で予断を許さない状況が続いている。
このような環境下で大印工組としては『未来に向かって躍進する印刷業を実現し、次世代が夢と希望を抱ける業界であり続ける』というビジョンのもと、意欲的に事業を展開していきたいと考えている。
今年度は組合員の意見を集約して対外的窓口として業界の利益を守っていくと同時に、スケールメリットを生かして個々の企業では難しい有益な事業を企画し、組合員が切磋琢磨できる環境づくりを支援していくことで皆さん役に立ちたい」
 

作道孝行理事長

作道孝行理事長


 
このあと坂本一行氏(北支部)を議長に選出し議案審議に入り、平成29年度事業報告・決算
報告および剰余金処分案ならびに共助会収支決算承認の件、平成30年度事業計画案および収支予算案など、いずれも原案どおり承認。
また退任役員6人に作道理事長から感謝状が贈呈された。
 

【平成30年度実施事業】
産業戦略デザイン事業の推進=全印工連、印刷産業成長戦略ビジョン2025計画の推進
マーケティング委員会=組合員の売上拓大につながる企画の実施
経営合理化委員会=組合のコスト削減につながる企画の実施
組織活性委員会=支部の活性化促進と組合事業の浸透
交流サービス委員会=組合員交流とサービス提供による組合価値向上
例会運営委員会=例会を通じたコミュニケーション力の強化
広報委員会=組合の対外・対内コミュニケーション力の強化
 
また、平成30年・31年度理事・監事候補者も原案どおり承認され、臨時理事会で作道孝行氏を理事長に再選し、新執行部体制(副理事長、常務理事)が決まった。
総代会のあと、「これからの皇室と元号」をテーマに京都産業大学名誉教授の所功氏を迎えて講演会が行われた。
 
新執行部(理事長・副理事長・常任理事)は次のとおり
理事長=作道孝行(作道印刷㈱)
副理事長=東條秀樹(北東工業㈱)、岡本隆之(岡本印刷㈱)、浦久保康裕(㈱一心社)、山崎一彦(新任、東光パッケージ㈱)、松本浩一(新任、松本印刷㈱)
常務理事=安平健一(㈱ダイム)、山本順也(大兼印刷㈱)、家田裕光(㈱日進社)、木原浩二(キハラ工芸㈱)、川畑利之(相互ビジネスフォーム㈱)、石川泰雄(日広㈱)、山形勇仁(新任、㈱ヤマガタグラビア)
 
 

PAGE TOP