2018年05月29日

リコージャパン㈱(本社・東京都港区、坂主智弘社長)は、カシオ計算機グループからPOPソリューション事業を譲り受けた。

リコージャパンでは同事業を新たに展開することで、リコープリンターの拡販を中心に5年間で100億円の売上を目指す。

 

今回の事業譲渡では、カシオ計算機㈱(樫尾和宏社長)とその子会社のカシオ情報機器㈱(轟宏一社長)が所有するPOPソリューション事業の営業権、保守サービス、関連する資産および人員をリコージャパンが譲り受ける。

この事業継承により、カシオの20年以上にわたる店内プロモーションのノウハウとリコーの基盤事業であるオフィスプリンティングの画像技術を融合させることができることから、表現力豊かなPOP広告の制作が可能となり、個性的な店舗作りと売上の向上に貢献していくことを狙う。

 

リコージャパンは今年6月からPOPソリューション事業を展開し、カシオから継承した顧客への保守サービスと消耗品の提供に加え、POP広告制作アプリケーション「MightyPOPシリーズ」と、リコーの豊富なラインアップのプリンターを拡販していく。

あわせて、デジタルサイネージをはじめとした流通小売業向けのソリューションを展開することで、国内でさらなる拡大が見込まれるインバウンド需要による多言語対応や、きたる消費増税にともなう価格表示変更の対応を進めている流通小売市場のニーズに応えていく。

 

 

 

PAGE TOP