2018年05月30日

㈱小森コーポレーション(持田訓社長)は、5月30日午前10時から東京・墨田区の同社本社で IGAS2018に関する記者発表を行い、「INNOVATE TO CREATE」をコンセプトに出展することを発表した。IGAS2018において、同社は出展社最大規模のブースを確保し、最新テクノロジーを通して顧客とともに新し価値を創造していく。同展では、すでに250台近くの機械と接続し、稼働状態や稼働集計といった生産状態の「見える化」を実現している「KP-コネクト」を起点にした、顧客課題を解決していくソリューションなどを提案する。
具体的には、「工程をつなぐミドルウェア」として進化した「KP-コネクト プロ」によるプリプレス・プレス・ポストプレスの連携で、生産効率を高める「コネクテッド・オートメーション」を実演し、①試刷りから印刷までノンストップで完了できる自動運転システム「オートパイロット」②ジョブ切り替えのための工程を並行して行い、準備時間を短縮する「パラレルメイクレディ」③どんな用紙にも直接、両面印刷が可能なB2インクジェットデジタル印刷機「インプレミアIS29」④発売いらい大きな反響を得ている全自動断裁システム「アプリシアCTX」--などの技術や製品、システムが融合した商品を提供することで、労働力不足や働き方改革対応の課題に応え、印刷会社の事業革新を支援していくとしている。

ブース予想図

最大規模で出展

PAGE TOP