2018年04月29日

藤井治夫氏

藤井治夫氏


 
昭和23年2月28日生まれ。
宮城県印刷工業組合理事長、全日本印刷工業組合連合会常務理事、㈱東北プリント代表取締役。東北学院大学経済学部経済学科卒。
平成2年5月に宮城県印刷工業組合理事に就任以来、常務理事、副理事長を経て、平成24年5月から理事長を務める。平成24年から東北地区印刷協議会会長、全日本印刷工業組合連合会常務理事も務める。
この間、デザイングランプリTOHOKUでは、若手育成の登竜門化と公開審査会のリアルタイムWEB配信による勉強の場の広域提供と同コンテストの認知度向上を行った。
SOPTECとうほくでは、プレゼンテーション参加者を大幅に増加させて印刷産業界を活性化させた。
労働安全衛生研修会では、研修参加対象を拡大して印刷業界全体での健康障害防止と法令遵守を啓発した。
震災からの復旧復興では、中古印刷機器などの搬入体制を整え、組合員事業所の顧客離れを防ぐことにより倒産廃業を防いだ。
また、全印工連では、豊かな経験と高い先見性を活かして平成25年発表『印刷産業成長戦略ビジョン2013』と28年発表『全印工連2015計画』の2つの提言書の策定に主要メンバーとして尽力した。
これらの功績により、平成15年と25年に宮城県知事表彰(技能検定功労、産業功労)、28年に東北経済産業局長表彰(組合振興功労)を受ける。
平成30年春旭日双光章。
 
 

PAGE TOP