2018年04月25日

日本印刷産業機械工業会(宮腰巖会長)とプリプレス&デジタルプリンティング機材協議会(辻重紀会長)が主催するIGAS2018(国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展、会期:7月26日~31日の6日間)は、出展者数285、小間数2605の規模で東京・有明の東京ビッグサイト東展示棟を使用して開催する展示会とともに、会期中にはさまざまなテーマのもと、ブランドオーナー視点でのパネルディスカッションを開催する。
 
今回は最新印刷技術の動向や印刷およびクロスメディアなどに関わるビジネスに直結する9つのテーマを予定している。参加希望者は、4月10日にリニューアルしたIGAS公式サイト内の事前登録ページから申し込む。定員になり次第締め切る。
 
当日は開演15分前までに入場すること。席に余裕がある場合は当日受付を行う。
 
パネルディスカッションのテーマと開催日時は次のとおり。なお、講師および内容は変更する場合がある。
 
テーマ1「顧客目線で見る印刷媒体の持つ力とその有効性・可用性~クロスメディアを含めた新たなメディアアプローチ~」(開催日時=7月27日午前11時~午後1時)
テーマ2「ラベルパッケージ分野で拡大するデジタル印刷商材~こんなところまで!身近な商品にも普及する背景と将来~」(7月28日午前11時~午後1時)
テーマ3「オフセットとデジタルのハイブリッド利用が生み出す印刷物の新たな形~印刷物は商品としてこんなに変わる!その有効性・効果を知る~」(7月29日午前11時~午後1時)
テーマ4「商業印刷での高速輪転インクジェットデジタル印刷機の可能性~ここまでできる!輪転インクジェットを利用した印刷ビジネス~」(7月29日午後2時30分~4時30分)
テーマ5「激変する出版分野におけるデジタル印刷普及の現状~デジタル印刷技術は現状の何を変え、何を実現するか~」(7月30日午前11時~午後1時)
テーマ6「インバウンド需要を取り込むためのテクノロジーとソリューション」(7月31日午前11時~午後1時)
テーマ7「軟包装・ラベル分野における水性フレキソ印刷の現状と課題~ブランドオーナーの要求にどう応えるか~」(7月28日午後2時30分~4時30分)
テーマ8「フレキソ印刷による拡張ガマットと付け合せによる市場開拓と付加価値向上」(7月30日午後2時30分~4時30分)
テーマ9「Japan Color認証制度デジタル印刷認証」(7月27日午後2時30分~4時30分)
 
問合先 IGAS事務局、電話03・3434・2656
 
 

PAGE TOP